分散サーバー構成の技術説明

サーバー・ネットワーク統合監視

分散サーバー構成の技術説明

分散サーバー構成

Enterprise Editionでは、セントラルサーバーとプローブサーバーという2種類のサーバーを利用する「分散サーバー構成」を採用しています。プローブサーバーはそのプローブサーバーに登録されている装置を監視します。セントラルサーバーでは監視は行わず、複数のプローブサーバーで取得した監視情報を一元的に表示します。プローブサーバーは複数拠点にそれぞれ配置しても、1拠点に複数のプローブサーバーを配置しても、どちらでも構いません。

Enterprise Editionの分散サーバー構成のイメージEnterprise Editionの分散サーバー構成のイメージ

セントラルサーバーとプローブサーバーの間の通信

セントラルサーバーとプローブサーバーの間の通信はHTTPS(SSLによる暗号化通信)を用いて行われます。プローブサーバーからセントラルサーバーに定期的に情報(監視データ)を送信することにより、セントラルサーバーに情報が集約されます。また、HTTPSを用いるため、NAT環境下にプローブサーバーを配置し、NAT環境下にある装置を監視することも可能です。

セントラルサーバーとプローブサーバーの役割と機能比較

セントラルサーバーとプローブサーバーのそれぞれの役割と機能比較は次のとおりです。

機能・特徴セントラル サーバープローブ サーバー備考
デバイス数の例10,000 デバイス1,000 デバイス・プローブサーバーを10台設定した場合です ・各プローブサーバーが監視しているデバイス数の合計がセントラルサーバーのデバイス数となります
ユーザー数無制限無制限 
ディスカバリ機能×・プローブサーバーでディスカバリを行います ・セントラルサーバーで作成した装置テンプレートをプローブサーバーに適用できます
マップ作成機能・セントラルサーバーとプローブサーバーでビジネスビューは同期しません ・セントラルサーバーのダッシュボードではプローブごとのウィジェットを設定することもできます ・セントラルサーバーでインフラストラクチャビューを設定するとプローブサーバーでも有効になります
監視機能×・Enterprise Editionではプローブサーバーを通して監視を行います(セントラルサーバーではポーリングは行いません) ・プローブサーバーではSNMP/WMI/telnet/SSHによるサーバー監視やネットワーク監視など、Essential Editionと同等の監視に対応しています ・セントラルサーバーでイベントログルール/Syslogルール/SNMPトラッププロセッサー/追加フィールドを設定するとプローブサーバーでも有効になります
障害管理機能・セントラルサーバーとプローブサーバーで通知プロファイル、アラートエスカレーション、メールサーバー設定は同期しません
レポート機能・プローブサーバーからセントラルサーバーに定期的に監視データが送られます ・生データはプローブサーバーで保有します
その他--・セントラルサーバーとプローブサーバーでユーザー管理/システム設定は同期しません

Essential Edition との関係

Enterprise EditionのプローブサーバーはEssential Editionの監視サーバーと同様の機能を持ち、プローブサーバーからSNMP、WMI、telnet、SSHなどの監視を行います。詳しくは、Edition比較ページをご覧ください。

OpManager Enterprise Edition 紹介リーフレット (PDF) (6.8 MB)

*PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Acrobat Reader」が必要です。