ジョブ管理を簡単に実現する方法

サーバー・ネットワーク統合管理ソフト

ジョブ管理とは?

IT運用管理の現場では、システムの運用の一部を自動化することを目的になさまざまなバッチやスクリプトなどのプログラムが実装されています。ジョブ管理とは、それらのプログラムの実行スケジュールや実行結果を管理することです。

例えば、次のようなタスクをプログラムで実行することで多くの管理者は運用を自動化しています。

  • Windowsサーバーを定期的に再起動する
  • ログなどを保存する特定のフォルダの容量が指定の値に達したら他のストレージに移動する
  • 月次でレポートを作成・提出する

以前はプログラマーがいないと実現できなかった自動化

さまざまなタスクを自動化するプログラムやバッチを作成する技術は専門的な知識がないと実現できないことでした。しかし、テクノロジーの進化が進んだ昨今では、さまざまな業種でノンプログラマーでもタスクの自動化を実現できるツールが提供されています。

ジョブ管理を簡単に実現するツール

ネットワーク運用の現場では、監視ツールの機能でそれを実現することが可能です。ManageEngineが提供するOpManagerもよく必要とされるタスクを特定のアラートなどをトリガーに実行する設定をドラッグ&ドロップなどの簡単な操作で実現できる監視ツールのひとつです。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

OpManagerのジョブ管理機能は「ITワークフロー」と呼びます。その特長は以下の通りです。

また、OpManagerにはITワークフロー以外にも以下の自動化機能があります。合わせてご確認ください。

ドラッグ&ドロップで手早く柔軟に自動化を設定

複雑なスクリプトやプログラミングは必要ありません。OpManager の ITワークフローは、ドラック&ドロップで操作可能なITワークフロービルダーを使って簡単にワークフローのルール(図式)を設定することができます。

ITワークフローは仮想マシンにも対応しており、10項目に分類された70を超えるITワークフローのチェックやアクションを用意しています。IT運用管理のニーズに合わせて強力なITワークフロールールを設定することができます。

ITワークフローの作成

ITワークフローの作成

スケジュールはもちろんアラートをトリガーにタスクを実行しネットワーク障害発生時の対応も自動化

ITワークフローは、毎日や毎週、月次や年次の決まった時間や曜日に自動で実行できます。OpManagerの監視が検知したアラートを起点にしたITワークフロー実行や、臨時に手動で実行することも可能です。

ITワークフローの実行タイミングの設定
ITワークフローの実行タイミングの設定

ITワークフローの実行タイミングの設定

組織のニーズに応じた独自のワークフローを作成可能

ユーザーが独自に作成したスクリプトの実行にも対応しています。1つのITワークフローと別のITワークフローとを関連付け、条件により別のITワークフローの実行も自動で行います。

OpManagerでは組織の要件に合ったITワークフロールールを設定することができ、その結果ダウンタイムや障害の対応時間の削減を期待できます。

実行されたワークフローの履歴を確認

実行されたITワークフローの履歴は、「実行ログ」に全て記録されます。この実行ログをレポート化し、実行されたITワークフローの一覧と、各ITワークフローに設定されたタスクとその実行結果(タスク実行の成功/失敗)を確認できます。ITワークフローの監査証跡として役立ちます。

ITワークフローの実行ログ

ITワークフローの実行ログ

ITワークフローの導入メリット

  • 周期作業を自動化することで、IT運用管理を効率化します
  • 問題解決を早め、MTTR (平均復旧時間)を短縮します
  • 組織のITインフラのベストプラクティスを継承し、インシデントや問題に対処するための構造化され立証されたメソッドを確立できます
  • ヒューマンエラーを回避し、サポートや運用管理コストを大幅に削減します

設定方法(動画)

ITワークフローの設定方法を動画で紹介します。