購入した製品の利用状況を購買履歴に紐づけて管理する

■ 購入したIT資産の「その後」が見えにくい

購入したIT資産が、実際にどのような使われ方をされているのかを追うことは、予算決めや経費削減などにおいて重要な情報です。しかし、以下のように確認しにくいケースもあります。

  • 購入の承認を得た人と、購入後に利用する人が異なる
  • 購入後に利用する人と、管理を行う人が異なる
  • 購買管理と資産管理の部署が分かれている
  • IT資産を利用する人が異動・退職し、管理ができず購入台帳と整合性が取れなくなる
そのため購買履歴とその後の利用状況を、一貫して継続的に管理できるツールが必要です。

購買履歴から製品の資産管理情報を自動的に作成

■ すべての製品を自動的に資産モジュールに記録

ServiceDesk Plusの購買モジュールでは、「注文書を経由して購入された製品のコストが記録」→「製品の受け取り完了の記録を実行」→「すべての製品が自動的に資産モジュールに記録」が可能です。

  • 購買モジュールの「関連付けされた資産」から購買履歴を一覧で確認
  • 資産モジュールに「資産のステータス」と「利用者」を割り当てると、その情報も自動的に反映され確認

購入後のIT資産の利用状況が把握でき、今後の購買計画も立てやすくなります。

購買資産の受け取り
資産に関連付けされた購買アイテム

ManageEngine ServiceDesk PlusはPink Elephant社のPinkVERIFY™よりITIL®の「資産管理(Asset Management)」「インシデント管理(Incident Management)」「変更管理(Change Management)」「要求実現(Request Fulfillment)」4つのプロセスで認証を受けています。

※ITIL(IT Infrastructure Library®)はAXELOS Limitedの登録商標です。