契約更新にあわせて、事前にリマインドメールを設定して管理

企業活動の中で利用されている多様な資産の中には、それぞれ資産と対になった契約によって利用しているサービスもあるでしょう。

サービスにはコンピューター、サーバーなどの機器類の保守契約や、ネットの回線利用、ソフトウェアのサブスクリプションなど、さまざまなサービスがあります。

このように契約によって提供されているサービスは、契約期間満了によってサービスは停止されます。

契約が更新されなかった場合、サービスによっては事業に大きな影響を与えるものも少なくないでしょう。そのため、サービスの契約状態や、次回の契約更新の時期を把握・管理することは事業にとっても重要なポイントになります。

任意の送信先設定と、テンプレートによる文面の管理

ServiceDesk Plusでは記録された契約に対して、契約の有効期限を起点に「●日前」で通知日を設定することで、任意の技術担当者や任意のメールアドレス宛に通知することが可能です。

また、送信される文面はテンプレートで管理することが可能です。管理している所有者(オーナー)や、契約基になるベンダーにメールを送ることができます。

contracts-notification 契約の通知先と通知日を設定
contracts-notification 通知の状態と通知内容
contracts-notification 通知文面のテンプレート

ManageEngine ServiceDesk PlusはPink Elephant社のPinkVERIFY™よりITIL®の「資産管理(Asset Management)」「インシデント管理(Incident Management)」「変更管理(Change Management)」「要求実現(Request Fulfillment)」4つのプロセスで認証を受けています。

※ITIL(IT Infrastructure Library®)はAXELOS Limitedの登録商標です。