カンバンビューでリクエストチケットを直感的に把握

カンバンビューでリクエストチケットを直感的に把握

ServiceDesk Plusのリクエストチケット管理では、カンバン形式を使ってチケットの確認をすることができます。

カンバンビューでは、チケットのステータス、優先度、技術担当者の割り当てのカラムで表示させることが可能で、表示されている各チケットの割り当ての状態をドラッグ&ドロップで、直接変更することが可能です。また、チケットのステータスを変更する際に必要に応じて情報の入力が求められるので、チケット管理のオペレーションの入力不備が発生することがありません。

チケットの概要を視覚的に把握し、チケット管理の効率化を図ります。

  • サービスリクエストやインシデントチケットをカンバン形式に表示することで、チケットの状態をより分りやすく表示できます。
  • ステータス、優先度、技術者担当者などのパラメータに基づいてチケットをグループ化するなど、グループをカスタマイズできます。
  • チケットをステータス間で移動させたり、チケットの優先度を変更したり、技術者担当者を再配置したりすることが、ドラッグ&ドロップの簡単な操作でできます。
  • 複数のウィンドウを切り替えることなく、カンバンビューからチケットのサマリーを確認することができます。
request-kanban-viewカンバンビュー
request-kanban-viewチケットを絞り込んで表示
request-kanban-view状態を変更する時の情報入力
request-kanban-viewチケットのサマリー情報

ManageEngine ServiceDesk PlusはPink Elephant社のPinkVERIFY™よりITIL®の「資産管理(Asset Management)」「インシデント管理(Incident Management)」「変更管理(Change Management)」「要求実現(Request Fulfillment)」4つのプロセスで認証を受けています。

※ITIL(IT Infrastructure Library®)はAXELOS Limitedの登録商標です。