ServiceDesk Plus 7.6の新機能

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

ITサービスマネジメントツール、
スマートフォンにも対応!

ServiceDesk Plus 7.6 の新機能

ServiceDesk Plus リリース 7.6 に新たに追加された機能を紹介します。

2010年01月12日リリース

スマートフォンからServiceDesk Plusに簡単アクセス!

iPhoneなどのスマートフォン、PDAからのServiceDesk Plusへのアクセスが可能になりました。
ServiceDesk Plus7.6では、システム管理者は、リクエストへの技術担当者の割り当てをするのに、PCの前に座っている必要はありません。 リクエストを担当する技術担当者も、自分の好きな場所で、モバイルを使ってリクエストへの回答を作成できます。

サービスデスクとモバイルの連携

<特徴>

  • 100%Webベースのモバイル用アプリでどこからでもServiceDesk Plusにアクセス可能です。 *ネットワークにつながる範囲内
  • 新規リクエストの作成、作業ログの追加、技術担当者の割り当て、リクエストのクローズや削除が可能です。
  • 役割設定に基づき、技術担当者の操作許容範囲を決定します。

<メリット>

  • ダッシュボードで期日を過ぎたリクエスト、今日が期日のリクエスト、対応中のリクエストの数を確認できます。
  • フィルタ機能つきのリクエストリストビューから、特定のリクエスト情報を表示可能です。
  • モバイルからの新規リクエストの追加が可能です。

リクエストデータのアーカイブでパフォーマンスが向上!

サポート業務における過去のリクエストデータは、貴重なナレッジである一方、ハードディスク容量・メモリー使用量を消費し、アプリケーションのパフォーマンスを低下させる原因にもなります。
ServiceDesk Plus7.6では、大量に蓄積された過去のリクエストデータをアーカイブすることで、システムリソースの浪費を防ぎ、全般的なパフォーマンスを向上させます。

サービスデスクの蓄積データをアーカイブ

<特徴>

  • アーカイブされたリクエストは、アクティブリクエストのレポートや検索オプションの対象から除外されます。
  • リクエストステータスや作成/完了期間をアーカイブする条件として設定可能です。
  • リクエストの優先度、カテゴリーなどに基づく例外を複数設定できます。
  • 定期データアーカイブの設定が可能です。

<メリット>

  • 過去のリクエストデータをアクティブリクエストから分離することで、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。
  • アーカイブリクエストを個別に閲覧する他、レポート作成機能を利用した過去のリクエストの全体像が把握可能です。

E-mailでリクエストと資産情報をリモートコントロール!

カテゴリーが「ネットワーク」で、モードが「電話」なら、「優先度」は「高」、ただし例外として…など、組織のニーズに合致する業務ルールの作成に、頭を悩ませる必要はありません。
電子メールパーサを備えたServiceDesk Plus7.6では、メールで送ったコマンドを、リクエストのパラメーター値として直接設定できます。

サービスデスクのリクエストをメールで作成・更新・削除

<特徴>

  • 以下のフィールドに値をセットできます:レベル、モード、優先度、緊急度、インパクト、カテゴリー、サブカテゴリー、アイテム、グループ、技術担当者、技術担当者のメールアドレス、依頼者、依頼者のメールアドレス、リクエストID、リクエストテンプレート、リクエストタイプ、サイト、資産。
  • 区切り文字(デリミッター)に任意の文字を設定可能です。
  • リクエストの編集、ピックアップ、クローズなどのオペレーションも可能です。

<メリット>

  • 電子メールパーサ機能で、リクエストのパラメーター値を思い通りに操作可能。ServiceDesk Plusへのログインも、複雑な業務ルールの設定も不要です!
  • 電子メールパーサ機能での技術担当者のリクエストへの割り当てで、ヘルプデスクの作業効率が向上します。

技術担当者の役割と権限の詳細な設定が可能!

ServiceDesk Plusでは、ヘルプデスクツール内で技術担当者が行使できる権限を、システム管理者が「役割」を付与する形で設定できます。
ServiceDesk Plus7.6の「役割」機能は、モジュールへのアクセス権限だけでなく、細かな操作の実行権限を制限できます。

サービスデスク担当オペレーターの役割と権限を細かく設定

<特徴>

  • 技術担当者ごとに、モジュールへのアクセス権限を設定可能です。
  • その他にも、新規リクエストの追加、リクエストのクローズ、リクエストの編集/削除、依頼者の追加、リクエストのマージ、回答期日の変更、回答の編集、メモと作業ログの記入を個別の権限として付与できます。
  • 役割の詳細設定で、技術担当者が閲覧可能なリクエストの制限が可能です。
  • ナレッジベースに公開するソリューションの承認権の設定が可能です。

<メリット>

  • 詳細な権限設定機能で、組織のニーズに合わせた役割の作成が可能です。
  • システム管理者が強固なアクセスコントロールを持つことで、技術担当者間の責任の所在を明確化できます。
  • アクセス権限を持たない技術担当者が、役割外のデータを覗き見するのを防止します。

その他の新機能

新たに追加されたServiceDesk Plusの新機能の一部をご紹介します。/p>

サービスデスクの資産管理でMachintoshをスキャン
  • Macintoshワークステーションのエージェントレススキャンが可能です(対象:Mac OSX、 Leopard、Snow Leopard)。
  • SLAに1次回答期日(リクエスト受信から最初の返信までの期日)を設定できます。
  • 新規リクエスト追加時だけでなく、既存のリクエスト編集時にも、業務ルールを適用できます。

過去のリリース履歴

2009年03月10日ServiceDesk Plus 7.5 リリース
2007年06月21日ServiceDesk Plus 6.0 リリース
2006年10月03日ServiceDesk Plus 5.5 リリース
2006年06月08日ServiceDesk Plus 5.0 リリース

この文書に掲載されている、製品名、企業名などの固有名詞は各社の商標である場合があります。®マーク、™マークは省略しています。