トレードアップ

トレードアップとは

ご利用中の特定製品のライセンスを、上位のライセンスに移行する制度です

(例)

  • Standard Edition から Professional Edition へ
  • 50デバイスライセンス から 100デバイスライセンス へ

※ ServiceDesk Plus から OpManager へ、というような別製品への移行はできません。
※ 1サーバー=1ライセンスのみ適用可能なため、1サーバーに対して50デバイスのライセンス2本を適用して100デバイスとして利用することはできません。その場合は「50デバイスから100デバイスのトレードアップ」が必要となります。2サーバー利用(50デバイス+50デバイス=計100デバイス)は可能です。

期間

※開始月は、納品日の翌月です(9月納品の場合、10月開始)。
  ただし、各月1日納品の場合は当月開始です(9/1納品の場合は9月開始)。
※保守満了日は、ご利用中のライセンスに合わせます。

トレードアップの料金

トレードアップ実施の時期通常ライセンス年間ライセンス
①契約年の途中の場合トレードアップ費用トレードアップ費用
②更新のタイミングの場合トレードアップ費用+
更新後の保守費用
移行後の年間ライセンス費用
③複数年一括契約の場合該当年のトレードアップ費用+
残存年月分の保守費差額
該当年のトレードアップ費用+
残存年月分の年間ライセンス差額

トレードアップ費用の計算式

  • 通常ライセンス
    {(移行後の初年度保守サポート付きのライセンス料金 - 移行前の初年度保守サポート付きのライセンス料金) - (移行後の保守料-移行前の保守料)×( 12 - 残存月数)/ 12 }× 1.2
  • 年間ライセンス
    (移行後の年間ライセンス料金 - 移行前の年間ライセンス料金)× 残存月数 / 12 × 1.2
(例)OpManager 50デバイス→100デバイス(残存月数:6ヶ月)
  • 通常ライセンス
    {(887,000 - 519,000) - (205,000-120,000)×( 12 - 6 )/ 12}× 1.2
    ={(368,000) - (85,000)× 6 / 12}× 1.2
    =390,600円
  • 年間ライセンス
    (移行後の年間ライセンス料金- 移行前の年間ライセンス料金)× 残存月数 / 12 × 1.2
    =(400,000 - 234,000)× 6 / 12 × 1.2
    =99,600円

※ 当社の経理処理の関係上、ご注文金額(税抜合計金額)の100円未満の端数は切り捨てとします。
※ 保守費差額・年間ライセンス差額は、月割りとなります。

トレードアップの流れ

トレードアップの流れ図

トレードアップの実施方法

トレードアップやオプション追加を実施する場合、ライセンスファイルの入替えが必要です。
ご購入後、 ライセンス発行の流れに沿ってユーザー登録を行い、ライセンスファイルを取得してください。

お見積り

購入を希望される製品およびライセンスを指定し、当社販売代理店にお見積りを依頼してください。
※トレードアップ・オプション追加には、 ManageEngine ユーザーポータルに記載された「登録ID」の申告が必要となりますので予めご用意ください。