ニュース

ニュース

プレスリリース

ゾーホージャパン、ITIL準拠のサービスデスクツール最新版を発表
- システム障害や変更時の影響範囲の把握が容易に -

2012年9月5日

  ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、2012年9月5日より、ITIL(Information Technology Infrastructure Library:ITインフラ管理運用のベストプラクティス集)準拠のサービスデスク構築・運用ツール「ManageEngine ServiceDesk Plus 8.1」の販売を開始しました。

プライベートクラウドというITインフラが加わったことで、IT部門の管理対象となるシステムは従来のPCサーバーから仮想化で集約した大量の仮想マシンまでで構成され、複雑化を増しています。しかし、IT部門が利用する監視ツールはシステム障害の発生時に原因箇所を検知するだけで、影響範囲の特定に時間がかかれば復旧までに多くの時間を要することがあります。また、不十分な構成情報に基づいてシステムを変更すれば、思わぬ障害が発生し、ビジネス活動が停止することもあります。障害の発生から復旧までの所要時間を短く、システム構成の変更によるビジネスへの影響を最小限にするためには、ITILに準拠したITサービスマネジメントの一環として、CMDB(構成管理データベース)を活用した資産の構成管理が重要です。

ManageEngine ServiceDesk Plusは、ITILのサービスサポートプロセスである「インシデント管理」「問題管理」「変更管理」「サービスカタログ」機能を含む、高コストパフォーマンスなサービスデスク構築・運用ツールです。本日リリースの「ManageEngine ServiceDesk Plus 8.1」では、資産の構成情報を維持・管理するのに適した「CMDB機能」を新たに追加し、複雑化したシステム構成における障害発生時や変更実施時の影響範囲の把握が容易にできるようになりました。これにより、障害発生から復旧までの所要時間を短縮でき、また、適切な変更計画を立てられるようになるので、IT部門のサービスデスク業務の効率化を促進できます。

ManageEngine ServiceDesk Plus 8.1の主な新機能と改良点

構成アイテム(CI)の情報だけでなく、CI間の階層的な関係を可視化できるようになりました。CI間の関係性をグラフィカルなマップビューで表示できるので、障害発生時や変更計画時にCI間の依存関係や他CIへの影響の把握に便利です。

CMDB 関係マップ画面CMDB 関係マップ画面

ユーザーからのサービス要求に対し、複数段階の承認フローを構築できるようになりました。承認機能の拡張により、サービスカタログで提供しているITサービスへの要求に対し、予算面や機能面など異なる視点からの段階的な承認フローを柔軟に実現します。

サービスカテゴリーの分類サービスカテゴリーの分類

VMwareのホストマシンをスキャンした際に、VMware上のゲストOSの情報を一覧表示できます。
ゲストOSへのリソース(CPUおよびメモリー)の割り当て状況(シェア、予約、制限)の確認に便利です。

ゲストOSの一覧ゲストOSの一覧

ユーザー向けポータルサイト画面の一部にHTMLファイルを読み込んで表示する機能を追加しています。これにより、組織固有のポータルサイトの利用方法やシステム変更などの告知情報を常時ホーム画面に表示できるようになり、ユーザーの利便性が向上しました。

セルフサービスポータルのホーム画面セルフサービスポータルのホーム画面

ユーザーインタフェースを刷新したことで、従来の画面よりも、表示が見やすくなりました。
表示言語として既存の23言語に加えて、新たにアイスランド語、クロアチア語、スロベニア語、チェコ
語、ハンガリー語、ボスニア語の6言語をサポートしています。

製品および機能概要

  ManageEngine ServiceDesk Plus(マネージエンジン サービスデスクプラス、以下、ServiceDesk Plus)は、ITIL準拠のサービスデスク構築・運用ツールです。インシデント管理、問題管理、変更管理、資産管理、CMDB、ナレッジベース、レポート作成などの機能を装備しており、ひとつのアプリケーションで、IT運用現場における業務効率の改善とユーザーへの高品質なITサービスの提供を支援します。

   直感的に操作できるインタフェースと導入しやすい低価格で全世界1万社以上に導入されています。

ライセンスと価格

  オペレーター数に基づくライセンス体系です。オプションライセンスによる機能の追加も可能です。

年間ライセンス / EditionStandard EditionProfessional Edition
(250 nodes ※)
Enterprise Edition
(250 nodes ※)
5オペレーター¥213,000~¥319,000~¥612,000~

※ノード:ServiceDesk Plusの資産管理機能で管理するIT資産を指します。スキャン対象となる機器(ネットワーク上のIPアドレスを付与された機器)は自動的にIT資産として登録されます。

製品情報

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。