ニュース

ニュース

プレスリリース

ManageEngine Desktop Central ベータ版

シンプルで低コストのマネージエンジンがIT資産・クライアント管理市場に参入
クライアント管理ソフト「ManageEngine Desktop Central」β版リリース

2015年6月30日

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、クライアント管理ソフト「ManageEngine Desktop Central(マネージエンジン デスクトップ セントラル、以下、Desktop Central)」ベータ版を、本日、リリースします。

ダッシュボード画面(図)ダッシュボード画面

Desktop Centralは、2005年9月から北米やヨーロッパなどで販売を開始しており、2015年6月現在、全世界で10,000社の導入実績を持ちます。このたび、多くの企業がセキュリティ強化への関心を高めていることや、企業システムのクライアント環境もWindowsとMacの混在環境が増えていることから、日本国内でも本製品をリリースし、デスクトップ管理市場に参入します。価格は管理対象のクライアント端末の台数による課金体系です。最小価格は、年間19.8万円です。

Desktop Centralは、 Windows、Mac、Linux OSに対応したデスクトップ端末の統合管理ソフトウェアです。パソコン、ワークステーションなど、サポート対象OS搭載のあらゆる端末の一元管理を実現します。パッチ管理機能では、OSやサードパーティのアプリケーションのパッチを自動的に適用し、クライアント端末をセキュリティ脅威から守ります。ソフトウェア管理機能では、複数の端末に一括でソフトウェアを配布したり、ソフトウェアのアンインストールを簡単に実行したりできます。 その他にも、USBデバイス制御、IT資産の管理、リモートコントロール、サービスパックのインストール、Active Directory 関連レポート、電源管理などの機能を備えています。

機能

  • 端末管理
    Windows OS、Mac OS、Linux OSのコンピューターを管理します(ファイアウォールの設定、環境変数の設定など多数)。
  • パッチ管理とサービスパック配布
    OSやサードパーティのアプリケーションのパッチを自動的に適用します。また、適用されていないサービスパックがないかスキャンし、自動的に最新の状態にアップデートします。
  • ソフトウェア管理
    テンプレートを使用して、ソフトウェアの配布やインストール/アンインストールを実施します。
  • リモートコントロール
    リモートデスクトップ機能により、トラブルシューティングを支援します。
  • IT資産管理
    管理対象のクライアント端末にインストールされたソフトウェアのライセンスを管理します。
  • USBデバイス制御
    ユーザーまたはコンピューター単位でUSBデバイスの利用を制限します。
  • Active Directory レポート
    ユーザーの作成、最近のログイン情報など、Active Directoryに関する100を超えるレポートを1クリックで作成します。
  • 電源管理クライアント端末の起動やシャットダウンを行います。

ライセンスと価格

管理対象のクライアント端末の台数による課金体系です。価格は税別表示です。オプションライセンスにより機能を追加できます。ライセンス、およびサポートの詳細は製品Webサイトの価格表をご参照ください。

ライセンス年間ライセンス
(年間保守サポート付、
消費税別)
通常ライセンス
(初年度保守サポート付、
消費税別)
50コンピューター ライセンス¥198,000¥441,000
100コンピューター ライセンス¥303,000¥747,000
250コンピューター ライセンス¥607,000¥1,497,000
500コンピューター ライセンス¥1,062,000¥2,622,000
1000コンピューター ライセンス¥1,821,000¥4,497,000

製品情報

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。