ADManager Plus 主な機能と概要

Active Directory ID管理ソフト

Windows Active Directoryの管理

ADManager Plusはウェブベースのツールであり、いつでもどこでも、シンプルでストレスフリーなUIベースの操作でActive Directoryの管理タスクをインポートすることができます。このツールは次のような重要なタスクを簡易化します:

このツールでは、Active Directoryの重要な管理タスクを自動化することができます。簡単にポインターを合わせてクリックするだけの操作で複雑なこれらのタスクを単純化することができます。ADManager Plus により、Active Directoryの管理およびレポート作成機能を、30日間の体験版の 無料ダウンロード でお試しください。

Active Directoryのアカウントの管理

Active Directoryのアカウントの管理には、ユーザー、グループ、コンピューター、または連絡先の作成、修正、削除が含まれます。単一のアカウントを管理する複数の手順やActive Directoryとスクリプトに関する広汎な知識が必要なPowerShellを必要とするWindows Active Directoryのネイティブツールとは異なり、 このツールは、次のような機能により、複数のアカウントを驚くほど簡単に管理することができます。

このツールでは、Active Directoryでアカウントを作成したり修正したりすること以外にも、次のようなことができます。

  • アカウントまたはオブジェクト固有のカスタムLDAP属性のコンフィグ。
  • ログオン名、ディスプレイ名などの名前形式のカスタマイズなど。

Active Directoryのタスク自動化

Active Directoryの管理をよりシンプルで簡単にするために、このツールは、 ADの自動化機能 を提供し、最も頻繁で、時間がかかり、退屈なタスクをエンドツーエンドに自動化することができるようにします。この自動化機能は次のような柔軟性を実現します:

  • 次のようなMicrosoft Active Directoryの特定のタスクを自動化:ユーザーの移動、ユーザーのアンロック、ユーザーの削除、コンピューターの無効化、グループの移動、連絡先の削除など。
  • タスクの順番を好きな時間間隔で決定して自動化。例えば、このオプションを使用することで、ユーザーアカウントの作成、無効化、別のOUへの移動、無効化されたユーザーの削除など、ユーザー管理プロセスのすべてを自動化し、任意の時間間隔で実行されるように設定することができます。

Active Directoryのタスク自動化は、わずか数回のマウスクリックで済みます。

グループポリシーオブジェクト (GPO) の管理

GPOは、OUや、サイトなどの様々な対象に固有の設定またはコンフィグを適用するうえで非常に効率が良いため、欠かすことができません。ですが、組織内で起こる変化に対応し続けるためにグループポリシーオブジェクトを管理することは、手間のかかる業務となり得るため、次のようにする必要があります:

  • GPOのユーザーまたはコンピューターのコンフィグを有効化/無効化。
  • GPOリンクの追加/削除。
  • GPOリンクの有効化/無効化。
  • GPOの強制。

このツールは、GPOを簡単に管理することができるだけでなく、設定済みの GPOレポートによってGPOに関する詳細な情報を取得するのにも役立ちます。ADManager Plusでは、これらのタスクすべてがわずか数回のクリックで実行することができる簡単ですばやいタスクに早変わりします。

Active Directoryのセキュリティ管理

Active Directoryとそのリソースのセキュリティを確保することは常に最も重要な目的の一つです。そのため、ユーザーの身元を確認し、その他のリソースへユーザーのアクセスをコントロールし、ユーザーによる操作を管理する必要があります。

ADManager Plusは、対応型のユーザープロビジョニング と リプロビジョニングテンプレートにより、アイデンティティおよびアクセス管理 (IAM) の手間のかかる複雑なプロセスを単純化します。これらのテンプレートにより、わずか1度の操作で、ユーザーに必要な権限と許可を、ロールまたは職名に応じて付与したり、修正したりすることができます。

このWebベースのツールは、さらに一歩進んで、すべてのユーザーアイデンティティおよびアクセス管理のプロセスを自動化することで、ユーザーのアクセスと権限を管理する煩わしい業務からあなたを解放します。

Active Directoryの委任

これは、面倒で退屈な業務からあなたを解放するため、あなたの仕事に直接的な影響を及ぼします。ADManager Plusは、次のような2種類の簡単ですばやく安全な方法により、Active Directoryのタスクを管理者でないユーザーに委任することを可能にします。

  • ADのセキュリティ委任: Active Directoryの必要な許可 (完全コントロール、コンテンツのリスト化、全プロパティの読み取り、許可の修正、所有者の修正など) を付与するセキュリティロールを作成し、ユーザーに割り当てて、Active Directoryにおける特定のタスクを実行させます。
  • 非侵襲性のヘルプデスク委任: 管理者でないユーザーがActive Directoryで有している本来の権限を変えることなく、頻繁に実行される管理タスク (パスワードのリセット、アカウントのアンロック、アカウントの有効化/無効化、リモートユーザーログオン許可、ターミナルサービスプロパティなど) を管理者でないユーザーに割り当てます。

これらの機能は、タスクの委任プロセスを単純かつすばやくするだけでなく、Active Directoryのタスクを実行する適切な権限を委任するうえでの一貫性と正確性を実現します。

Active Directoryのレポート作成

Active Directoryのすべてに関する正確で詳細な情報を取り出すことは、やらなければならないタスクリストの重要な項目です。レポートの作成に関して、ADのネイティブツールは、複雑性を増すだけのスクリプト記述による方法以外のオプションを提供していません。

ADManager Plusは、150種類以上の設定済みレポートにより、Active Directoryのすべてに関する詳細なデータを取得し、ボタンをワンクリックするだけで必要なデータを確認できるようにします。このツールのすべてのレポートは、複数のカテゴリに分類されます。

  • ユーザーレポート (すべてのユーザーレポート、ログオンレポート、アカウントステータスレポート、パスワードレポートなど)
  • グループレポート (配布リストレポート、セキュリティグループ、グループの種類と犯意など)
  • コンピューターレポート (すべてのコンピューターレポート、ドメインコントローラーレポート、非アクティブコンピューターなど)
  • Exchangeレポート (メールボックス有効ユーザー/グループ、メール有効ユーザー/グループ、Active Sync有効/無効ユーザーなど
  • 連絡先レポート、GPOレポート, OUレポートなど
  • NTFSレポート、セキュリティレポート、コンプライアンスレポート (SOX、HIPAA、など)

このツールを使用することで、レポートを (XLS、CSV、PDF、HTMLなどの形式に) エクスポートしたり、 レポートをスケジュール設定したり、複数のユーザー宛てにメールを添付ファイルとして送信したり、OTAのAD管理 (アカウントの有効化/無効化、アカウントのアンロック、アカウントの移動など) をレポートから直接実行したりすることができます。