Apacheサーバー 監視

アプリケーションパフォーマンス監視

Apacheサーバーへのアクセス回数、CPUの負荷情報を グラフとレポートから把握

Applications Manager は、Apacheサーバーに接続し、可用性、レスポンスタイム、その他のメトリクス情報を定期的にチェックします。Apacheサーバーの最適化を支援し、日々の監視業務に役立つレポートを提供します。メールでイベントをエスカレーションしたり、修復プログラムを実行したり、設定に応じて自動的に対応するため、大きな障害へと発展する前に対応できます。

Apacheサーバー 監視画面(スナップショットビュー)[Apacheサーバー 監視画面(スナップショットビュー)]

監視する Apache サーバーの属性

合計アクセス回数Apache にアクセスした回数
CPUの負荷CPU の負荷情報
アップタイムApache サーバーのアップしている期間
毎分リクエスト数一分あたりのリクエストの数
毎秒バイト数一秒あたりの転送バイト数
リクエストごとのバイト数一リクエストあたりの転送バイト数
BusyWorkersリクエストを処理中のサーバープロセスのスレッド数
IdleWorkersリクエスト待ち状態のサーバープロセスのスレッド数

Apache サーバー 監視の特長

  • サーバーへのアクセス数、CPUの負荷、アップタイム、リクエスト数、転送バイト数(リクエスト/秒)、BusyWorkers/IdleWorkersといった、パフォーマンスの統計情報を取得できます。
  • サーバーのステータスと拡張ステータスが有効のときに限り、上述のデータを監視します。
  • Apacheやその他の任意の属性に障害が生じたとき、設定したしきい値に基づいて通知やアラームを生成します。アクションは自動的に実行します。
  • クリック一つで簡単にパフォーマンスのグラフやレポートを生成します。可用性、ステータス、接続時間などでグループ別に表示することもできます。
  • 現在のApacheのパフォーマンスの可視化はもちろん、時系列でステータスを表示します。