Microsoft Exchange Serverの監視

アプリケーションパフォーマンス監視

Microsoft Exchange Server 可用性や応答時間の監視 をサポート

Microsoft Exchange Server 監視をコントロールします

Applications Manager は、Microsoft Exchange Server の可用性とパフォーマンス(応答時間)の詳細な監視を可能にします。

Exchange Server 監視

Exchange Server 監視

Applications Manager は、Exchange Server が稼動するシステムに接続し、Exchange Server の可用性をチェックします。Exchange Server 応答時間、SMTP サーバー、POP サーバーの監視も行います。

Applications Manager は、Exchange Server とともに、健全な Windows 監視 - Windows Server 監視MS SQL 監視Microsoft .NET 監視を可能にします。

Exchange Server 管理機能は、サーバーの応答時間を監視することによりパフォーマンス管理を可能にし、与えられたしきい値に基づいてステータスを更新し、包括的な管理レポートも提供します。また、メール、SMS、などを介した、自動化イベントエスカレーションを通じて可用性とステータスを保証し、サービスなどを再起動するためのユーザースクリプトを実行することにより、復旧アクションを取るのに役立ちます。

Exchange Server にて可用性を監視されるサービス

  • MS Exchange 情報ストア
  • MS Exchange サイトレプリケーションストア
  • MS Exchange MTA スタック数
  • MS Exchange 管理
  • SMTP
  • POP3
  • IMAP4
  • MS Exchange システムアテンダント
  • MS Exchange ルーティングエンジン
  • MS Exchange イベントサービス

レポートおよびグラフを介して、システムの属性としてパフォーマンスデータを参照することができます。

他のメールサーバー監視については、メールサーバー監視をご参照ください。

Exchange Server 監視機能

  • 追加モジュール不要で Exchange Server を管理
  • 応答時間、可用性のようなパフォーマンス統計を監視
  • メールサーバーあるいはシステム内の任意に指定された属性に問題が発生した場合、設定されたしきい値に基づいて、通知およびアラートが生成されます。設定に基づき、自動的にアクションが実行されます。
  • パフォーマンスのグラフおよびレポートは即時に利用可能です。レポートは、可用性およびステータスに基づき、グループ化され、表示されます。
  • Exchange Server の過去と現在の両方のパフォーマンスメトリクスを表示し、ある期間に渡ってパフォーマンスの変化の分析を支援します。