Exchange Serverを効率良く管理するには?

アプリケーションパフォーマンス管理

Exchange Serverで確認すべきパフォーマンス項目とは?

ビジネスにおいて、メールは今や必要不可欠のインフラとなりました。ビジネスの円滑化のためには、メールサービスを24時間365日提供する必要があります。

メールサービスの遅延や停止を避けるためには、Microsoft Exchange Serverを監視してサーバーやExchange Serverサービスのパフォーマンス低下を防ぐ必要があります。

Microsoft Exchange Serverのパフォーマンス低下を防ぐためにチェックすべき箇所は、例えば次のような項目が挙げられます。

  • Windows Server本体の稼働状況
  • Windows Server本体のCPU・メモリー・ディスク使用率などのパフォーマンス
  • Exchange Serverサービスの稼働状況
  • Exchange Serverサービスのパフォーマンス
  • Windows Serverのネットワーク接続状況
  • 接続されたネットワークの遅延

メールシステムの管理者としては、以下のような項目にも注意すべきと言えます。

  • 使用されていないExchangeアカウント
  • ユーザーのメールボックスの容量
  • クライアントからのアクセスの遅延状況
  • POP・IMAP・SMTPの接続数

しかし、管理すべき項目が多数あるExchange Serverを24時間365日徹底して管理することは非常に困難です。 この課題を解決するため、多くの管理者がExchange Serverの監視をツールで自動化しています。

Windows ServerとExchange Serverを一括管理

ManageEngineが提供するApplications Managerは、Microsoft Exchange Serverの管理を効率化するツールのひとつです。Exchange Serverの管理を自動化し、現在の稼働状況を一目でわかるように可視化する機能を備えています。

Applications Managerを使用すると、Exchange Serverのパフォーマンスを一目で把握できるほか、Windows Serverも併せて監視することで、障害の原因を即座に切り分けることが可能です。ネットワークやデータベースについても、Applications Managerで一元管理できます。

Applications ManagerでExchange Serverを簡単可視化[ 仮想化監視ビジネスビュー ]

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

Exchange Serverの利用状況を可視化

Applications Managerは、Microsoft Exchange Serverの利用状況を自動で可視化します。利用状況が管理者の想定を超えた場合はただちにお知らせします。また、パフォーマンス低下をトリガーにしてプログラムを実行するなどの運用自動化も可能です。

Applications Managerが取得したデータはレポートとして出力できます。

Applications Managerで仮想化を簡単可視化 POP接続も簡単管理[ 仮想化監視ビジネスビュー ]

メールシステム障害の原因切り分けにも

Applications Managerでは、Microsoft Exchange Serverサービス管理機能の他、Windowsサーバー本体やネットワーク疎通を監視する機能を備えています。

Applications ManagerでExchange Serverとサーバー本体、その他ネットワークをまとめて監視することにより、メールシステムの障害を素早く特定することができます。

また、サーバーを適切に管理することにより、障害を未然に防ぐことが可能です。

監視可能なサービス

  • メールボックスの役割
    • POP・IMAP・SMTP
    • リクエストの遅延
    • データベース
    • インフォメーションストア
    • メッセージキュー
    • 検索インデックス
    • メールボックスアシスタント
    • カレンダーアテンダント
    • リソース予約
    • ストアインターフェース
  • メールボックスとデータの統計
    • メールボックスサイズ
    • 非アクティブのユーザー
    • データベース使用状況
    • データベース可用性グループ
    • データベースコピー統計
  • クライアント アクセス サーバーの役割
    • ASP.NET
    • ActiveSync
    • 空き時間情報サービス
    • 自動検出
    • Outlook Web Access
    • Webサービス
    • Exchange コントロール パネル
    • ユニファイド メッセージング
    • オフライン アドレス帳

レポートおよびグラフを介して、システムの属性としてパフォーマンスデータを参照することができます。

他のメールサーバー監視については、メールサーバー監視をご参照ください。

Exchange Server 監視機能

  • 追加モジュール不要で Exchange Server を管理できます。
  • 応答時間、可用性のようなパフォーマンス統計を簡単に監視開始できます。
  • メールサーバーあるいはシステム内の任意に指定された属性に問題が発生した場合、設定されたしきい値に基づいて、通知およびアラートが生成されます。設定に基づき、自動的にアクションが実行されます。
  • パフォーマンスのグラフおよびレポートは即時に利用可能です。レポートは、可用性およびステータスに基づき、グループ化され、表示されます。
  • Exchange Server の過去と現在の両方のパフォーマンスメトリクスを表示し、ある期間に渡ってパフォーマンスの変化の分析を支援します。