メールサーバー(SMTP・POP・IMAP)監視を簡単に実現する方法

アプリケーションパフォーマンス管理

メールサーバー監視の必要性

ビジネスにおいて、メールシステムは今や必要不可欠のインフラとなりました。メールサーバーに問題が発生してメールの送受信がストップした場合、従業員の業務がストップし、大きなビジネス損失へとつながります。

メールサーバーに障害が発生した場合、障害から短時間で復旧してダウンタイムを最小化することが重要です。サーバー管理者は、ビジネス損害を最小限に抑えるため、メールサーバーの各コンポーネントの状態を把握し、潜在的な問題やパフォーマンス低下を事前検知することが望ましいと言えます。

メールシステムのダウンが疑われる場面では、サーバー管理者が疑うべき原因として以下が挙げられます。

  • 外部とメールサーバーまでの間のネットワークの障害
  • メールサーバーが稼働するWindows Serverのサーバーダウンやパフォーマンス障害
  • メールサーバーのシステムダウンやパフォーマンス障害
  • SMTPサーバーの障害
  • POPサーバー・IMAPサーバーの障害
  • メールを送受信するクライアントの問題

サーバー管理者は、このように原因を切り分けるべき箇所、確認すべき項目が非常に多い中、最短時間での障害復旧を求められることになります。これを24時間365日徹底して実施して障害を予防することは、非常に困難と言えます。
この課題を解決するため、多くの管理者がメールサーバーの監視をツールで自動化しています。

メールサーバー監視を簡単に自動化するツール

ManageEngineが提供するApplications Managerもそのひとつです。Applications Managerでは、メールサーバーやSMTP・POP・IMAPを自動で監視し、現在の稼働状況を一目でわかるように可視化すます。Applications Managerを使用すると、メールサーバーのパフォーマンスの障害を一目で把握できるほか、ネットワークやサーバーの一元管理により、障害の原因を即座に切り分けることが可能です。

ダウンロードページはこちら [ 5モニターまではずっと無料 ]

メールサーバー監視メールサーバー監視

Applications Managerでメールサーバー監視を監視するメリットは次の通りです。

  • 追加モジュール不要でメールサーバーを管理できます。
  • 可用性および応答時間のようなパフォーマンス統計を監視します。
  • メールサーバーあるいはシステム内の任意に指定された属性に問題が発生した場合、設定されたしきい値に基づいて、通知およびアラートが生成されます。設定に基づき、自動的にアクションが実行されます。
  • パフォーマンスのグラフおよびレポートは即時に利用可能です。レポートは、可用性、ステータスおよび応答時間に基づき、グループ化され、表示されます。
  • メールサーバーの過去と現在の両方のパフォーマンスメトリクスを表示し、ある期間に渡ってパフォーマンスの変化の分析を支援します。

監視可能なメールサーバーの項目

可用性メールサーバーの可用性を表示します。
応答時間メールサーバーの応答時間を表示します。


ダウンロードページはこちら [ 5モニターまではずっと無料 ]

関連機能

  • Windows監視
    Windowsサーバー、Windowsクライアントの監視機能を紹介します。
  • Linux監視
    Linuxサーバー、Linuxクライアントの監視機能を紹介します。
  • Active Directory監視
    Active Directoryの監視機能を紹介します。