Red Hat OpenShift監視

アプリケーションパフォーマンス管理ソフト

Red Hat OpenShift監視の必要性

Red Hat OpenShiftは、Kubernetesをベースに開発されたオープンソースコンテナアプリケーションです。Kubernetesのデメリットである高度な運用スキルを補う機能を持ち合わせ、長期間提供されるサポート期間によって業務システムに取り入れやすいと言えます。

しかしながら、コンテナやプラットフォームの自動化の仕組み上、コンテナアプリケーションは依然として設定や監視・保守が複雑になりやすい状況です。OpenShiftコンテナを扱う際に直面する運用上の課題を克服するには、OpenShiftを24時間365日監視する必要があります。

Red Hat OpenShiftを自動で簡単に監視・可視化するツール

Applications ManagerのOpenShift監視機能では、コンテナやアプリケーションの状況をわずかなステップで可視化することができます。コンテナで展開されたアプリケーションのメンテナンスがより簡単になり、OpenShiftのパフォーマンス最適化を実現しやすくなります。

OpenShift自動検出と依存関係マッピング

Applications Managerでは、OpenShift全体をチェックし管理すべき対象を自動で検出します。OpenShift環境に存在するすべてのコンテナを監視し、システム内のクラスタとノードを可視化します。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

OpenShiftパフォーマンスの監視と記録

Applications ManagerのOpenShift機能は、状況把握に必要な主要パフォーマンス指標を自動で24時間365日監視し、詳細な統計情報を提供します。この情報により、コンテナを管理して、デプロイしたアプリケーションが常に最適に動作することを保証できます。

リソース稼働率を詳細に可視化

Applications Managerでは、使用されているリソースの数、クラスタおよびPodの使用状況の詳細など、運用データを一目で把握できます。クラスタの容量とリソース使用率を追跡し、クラスタの特定の部分にドリルダウンすることで、リソースの割り当てと管理を改善するお手伝いをします。

Applications ManagerのOpenShift監視

Applications ManagerのOpenShift監視

Applications ManagerのOpenShift監視

Applications ManagerのOpenShift監視

ノードの詳細を可視化

CPU・ディスク・メモリなど、ノードによるリソース使用率の詳細なデータを使用し、リソースを効率的に割り当て・管理することができるようになります。

Applications ManagerのOpenShift監視[Applications ManagerのOpenShift リソース監視]

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

Podの詳細を可視化

Podタイプ、PodのIPアドレス、Podのステータス、Podの開始時間、Podの作成時間など、クラスタ内のPodの詳細情報を表示します。リソース消費のスパイクを検出し、リソース消費統計データから、コンテナの状況や障害をいち早く知ることができます。

Applications ManagerのOpenShift監視[Applications ManagerのOpenShift Pod監視]

コンテナとサービスを可視化

Applications ManagerのOpenShift管理機能で、コンテナやOpenShift内部のさまざまなサービスを把握できます。サービスにはIPアドレスとポートのペアが割り当てられ、アクセスされると適切なバッキングポッドにプロキシされます。提供された情報を使用すると、分散サービス内のクラスタ間で世界中の場所から送信されたネットワーク要求の数を簡単に追跡できます。

Applications ManagerのOpenShift監視[Applications ManagerのOpenShift サービス監視]

レプリカとジョブを監視

OpenShiftでは、指定された数の同一Podの可用性を保証するためレプリケーションコントローラおよびレプリカセットを作成します。安定してアプリケーションやサービスを提供するには、必要なレプリカの数・実行中のレプリカ・使用可能なレプリカなどの情報をApplications Managerで把握し、問題がある場合は直ちに管理者にお知らせできます。

ジョブは、タスクの全体的な進行状況を表し、ステータスとしてアクティブ・成功・失敗したPodの状況が更新されます。Applications ManagerのOpenShift監視機能を使用して、並列処理レプリカ・必要なレプリカ・成功したレプリカを監視し、ジョブのステータスと完了までの時間を推定することができます。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

問題の迅速な特定とトラブルシューティング

Applications Managerには、問題をいち早く把握して修正するための広範な障害管理機能があります。根本的な原因分析により、問題の原因にドリルダウンして簡単にトラブルシューティングできるようになります。

重要なパフォーマンス項目にしきい値を手動で設定するほか、自動で障害を判断するベースライン監視ができます。ベースライン値は、固定ベースライン値に対する割合として設定するか、データを前の週と比較する「動的ベースライン」を選択できます。

Applications Managerが障害を検知した場合、メールなどで管理者に直ちにお知らせするほか、システムの起動/停止/再起動、プログラム実行などの自動化にも対応します。

Applications ManagerのOpenShift監視[Applications ManagerのOpenShift 障害管理]

データ量の多いレポートを活用する

Applications Managerのレポートとデータを用いて、OpenShiftのパフォーマンスの履歴から予測分析を実行します。トレンド分析レポートでは、1時間ごと、1日ごと、1週間ごとのレポートとヒートチャートに基づいて過去のパフォーマンストレンドを比較および分析できます。
予測レポートでは、マシンラーニング(機械学習)技術を使用し、将来の成長と使用率のトレンドを予測します。

機械学習技術を用いたApplications Managerの予測レポート

機械学習技術を用いた予測レポート

今すぐ活用できるApplications Managerの統計分析レポート

今すぐ活用できる統計分析レポート

Red Hat OpenShift監視の詳細情報

関連機能

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら