Java Webトランザクション監視機能

アプリケーションパフォーマンス監視ソフト

Webトランザクション監視機能「APMインサイト」でユーザー満足度を点数化し、ボトルネックを可視化

アプリケーション管理者が直面する課題

  • アプリケーションの使用状況やステータスを忠実に可視化
  • パフォーマンスのボトルネックであるJ2EEやJavaコンポーネントの特定
  • アプリケーションの遅延の原因であるSQLクエリの特定と、JVM パフォーマンスの監視
  • 優れたユーザーエクスペリエンスを提供するための、最適なアプリケーションのトラブルシューティング

以上のような、アプリケーション管理における課題をかかえていませんか?Applications Manager の「APMインサイト」が実現します。

APMインサイト で Java トランザクション監視

APMインサイト は、エンドユーザーのビジネスアプリケーションに対する動作を可視化する、類まれな便利な機能です。URLからSQLクエリまでの J2EEコンポーネントのパフォーマンス情報によって、エンドツーエンドの J2EE Web トランザクションを可視化します。どこでパフォーマンスの低下が発生していたとしても、迅速に状況を把握し、問題を解決できます。

J2EE の Web トランザクション監視J2EE の Web トランザクション監視

Apdexスコアによってユーザーの満足度をはかることで、トランザクション証跡や、Java/J2EE コンポーネント、EJB、URLによるSQLの実行のパフォーマンス情報を追跡できます。さらに、Javaメソッドの呼び出し履歴から問題のコードを特定し、パフォーマンスのボトルネックを特定できます。

Web トランザクション監視Web トランザクション監視

データベースのパフォーマンスの計測

APMインサイト は、グラフや図によってデータベースのパフォーマンス情報を詳細な情報を提供するため、稼働の遅いデータベースを特定できたり、データベース使用量やデータベースのパフォーマンスを把握できます。Web トランザクションの一覧は、パフォーマンスが遅延している根本的な原因の絞り込みに役立ちます。

データベースのトランザクション監視データベースのトランザクション監視

APMインサイト によるトランザクション追跡

APMインサイト は、URLの実行情報をツリー構造で表示します。一連のURLのインターナルの実行(メソッド)を表示します。また、トランザクションの間に実行されたSQLクエリを把握でき、データベースのパフォーマンスが下がるクエリを発掘できます。

web-transaction-traceweb-transaction-trace

JVM 監視も利用できます。実行中のJVMのスレッドダンプを解析できます。 パフォーマンス情報と一緒に、Java や J2EE、SQLなどあらゆるコンポーネントのURLの実行時間とステータスが表示されます。