Oracle Application Serverのパフォーマンス・性能監視ツール

アプリケーションパフォーマンス監視

Oracle Application Server の監視を容易に実現

Applications Manager は、Oracle Application Server のパフォーマンスと可用性の監視機能を備えています。Oracle Application Server 10g の監視は、Oracle Application Server での自動検査、問題検知を含みます。

Oracle Application Server のパフォーマンスや可用性の監視をサポート

Oracle Application Server 監視画面[Oracle Application Server 監視画面]

Oracle Application Server の監視機能は、包括的な障害管理とプロアクティブなアラート通知、危惧される問題の情報提供、自動的なアクションの実行、および計画、解析、レポートに使用するパフォーマンスデータの収集を含みます。

J2EE Web トランザクション解析ツールとして

ManageEngine® の中で Web トランザクション解析ツールとしての機能を持つ Applications Manager により、応答時間を Java のメソッドレベルで分割した形で参照することが可能です。エンド・ツー・エンドの Web トランザクション監視を、Web アプリケーションの URL から SQL クエリに至るまで行うことが可能です。アプリケーション管理者は、表示の遅い URL を把握することにより、容易に問題のある部分をトラブルシュートし、SQL クエリに至るまで(メソッドレベルで)追跡することができます。

サポートする Oracle Application Server のバージョン

  • Oracle Application Server 10g

監視対象の Oracle Application Server の要素

  • リクエストスループット
  • サーバー応答時間
  • OPMN プロセスメモリー
  • OC4J JVM 統計 - スレッド数、JDBC 接続数
  • Web アプリケーション統計 - アクティブセッション、リクエストスループット
  • JMS 統計 - 待機状態のメッセージ、メッセージ数、ストアサイズ

メモ: Oracle データベースパフォーマンス監視も、Applications Manager で実行可能です。

監視対象の Oracle データベースの要素

  • 接続統計
  • エージェント統計
  • DB 情報
  • トランザクション統計
  • キャッシュパフォーマンス
  • バッファー統計
  • テーブルスペースステータス

メモ: Oracle データベースパフォーマンス監視も、Applications Manager で実行可能です。

Oracle Application Server 監視機能

  • Oracle Application Server の可用性とパフォーマンスを監視します。モジュールの追加は必要ありません。問題なく稼動しているか、リクエストを実行しているかを確認します。
  • リクエストスループット、サーバー応答時間、OPMN プロセスメモリーなど、パフォーマンスの統計データを監視します。要素に対し、アラートを設定できます。
  • 設定されたしきい値に基づき、通知、およびアラートを生成し、自動的にアクションを実行します。
  • 素早くパフォーマンスのグラフとレポートを生成します。レポートのグループ化や、グループのカスタマイズ、また期間を指定したグラフの生成にも対応しています。