動作環境 / システム要件

ファイアウォール・プロキシ ログ管理

サポート対象機器

Firewall Analyzerのサポート対象機器はこちらをご参照ください。

ハードウェア要件

最小ハードウェアは構成は以下の通りとなります。

  • CPU 3.5GHz以上、Quad Core Processor以上
  • メモリー 8GB以上
  • ハードディスク 90GB以上

※製品のご利用に際し、専用サーバーでご利用いただくことを推奨しております(その他のソフトウェアが同サーバー上で稼働している場合、十分なリソースを確保できない場合がございます)。
※上記の要件は、500 ログ/secを収集する場合を想定しております。
※記載されているスペックにつきましては、ログ形式(WELF、その他)によって多少変動する場合がございます。
※アップグレードにより、動作環境のサーバースペック要件が変更される場合があります。

CPU要求

  • Quad Core 3.5 GHz 以上推奨

メモリー 要求

  • Firewall Analyzerで管理するFirewall機器の台数が多い(=管理するログレコード数が多い)ほど メモリー要求は高くなります。 以下のログ流量より多くのログレコードを管理する場合は、最小メモリー構成より多くの容量を搭載するようお願いします。また、性能改善パラメーターをご参照いただきメモリー割り当て量を増やしてください。

最小メモリー構成

ログ流量メモリー容量
500 ログ/sec まで8 GB
500 - 1000 ログ/sec16 GB
1000 - 2000 ログ/sec24 GB
2000 - 3000 ログ/sec32 GB

※推奨しております最大ログ流量は、3000 ログ/secになります。

ハードディスク構成

表示内容は: アーカイブ + インデックス + データベースサイズ = 合計サイズ となります。
Firewall Analyzerでトラフィックログを受信する際のサーバーサイジングの目安となりますが、 ご購入前に評価版にてご利用予定の環境で検証されることを推奨します。

ログ流量1日間-保存1週間-保存1か月間-保存
50 ログ/sec1+0.5+10.5=12 GB5+3+30=38 GB18+7+75=100 GB
100 ログ/sec2+1+15=18 GB10+5+50=65 GB35+15+100=150 GB
300 ログ/sec6+3+31=40 GB30+15+105=150 GB100+45+295=440 GB
500 ログ/sec10+5+75=90 GB50+25+225=300 GB170+70+480=720 GB
1000 ログ/sec20+10+150=180 GB95+45+500=640 GB325+125+950=1.4 TB
2000 ログ/sec40+24+300=364 GB190+116+1000=1.31 TB650+480+1900=3.03 TB
3000 ログ/sec60+36+450=546 GB285+232+1500=1.97 TB980+670+2850=4.5 TB
ログ流量3か月間-保存6か月間-保存1年間-保存
50 ログ/sec60+25+125=210 GB120+40+160=320 GB240+90+300=630 GB
100 ログ/sec110+50+240=400 GB220+80+320=720 GB450+170+580=1.2 TB
300 ログ/sec280+120+600=1 TB500+200+800=1.5 TB900+350+1250=2.5 TB
500 ログ/sec470+230+1100=1.8 TB900+400+2100=3.4 TB1700+700+3600=6 TB
1000 ログ/sec920+480+2100=3.5 TB1750+750+4200=6 TB2850+1250+6400=10.5 TB
2000 ログ/sec1840+1180+4200=7.2 TB3500+1600+8400=13.5 TB5700+2600+12800=21.1 TB
3000 ログ/sec2760+1740+6300=10.8 TB5250+2350+12600=20.3 TB8550+3850+19200=31.6 TB

※ 定期的(デフォルト設定では24時間毎)に受信したログを圧縮(Zip化)します。
 [設定] > [アーカイブファイル] > [アーカイブ設定]よりインターバル設定および保存場所の変更が可能です。圧縮率については、ログ内容に依存するため、ここでは非圧縮状態のサイズで記載しています。
※上記サーバーサイジングは、OSリソースを考慮しておりません。

オペレーティングシステム要件

ver12

※ver12.3より、64bit版のみのご提供になります。

OS64bit
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7
Red Hat Enterprise Linux 8
CentOS 6
CentOS 7
CentOS 8

マイクロソフト社:Windows Server2008/2008 R2 サポート終了(2020年1月14日)に伴い、弊社OS要件から除外しています。
評価期間中はクライアントOS(Windows10/8/7)を使用することが可能ですが、スペックや稼働状況によって動作が遅くなる可能性がございます。なお、本番環境ではサーバーOSをご利用ください。

※AWSやAzureなどのクラウド環境、VMwareやHyper-V、XenServerなどの仮想化環境上でも、上記対応OS上であれば運用可能です。ただし、性能に関しては、必ず評価版を利用して製品性能を十分に検証した上で、お客様の性能要件を満たすか確認してください。

 

Webブラウザー要件

ver12

※ver12.3以降、Internet Explorerはサポート対象外になります。

ブラウザー名ver12
Microsoft Edge(Chromium版、EdgeHTML版)
Firefox 最新版
Google Chrome 最新版

関連リンク