XenServerのパフォーマンスを簡単に監視する方法

サーバー・ネットワーク統合管理ソフト

XenServer監視とは?

XenServer監視とは、Citrix社の提供するサーバー仮想化技術XenServer上に構築されたサービスの障害に備え、XenServerが意図せず停止していないか、CPUやメモリ、ディスクなどの問題によりパフォーマンスが低下していないかをリアルタイムに把握するため、定期的に確認することです。

ManageEngineが提供するサーバー・ネットワーク統合監視ソフトウェアOpManagerは、インストールから監視開始まで最短10分でXenServerのホスト、ゲストOS、ストレージのレポジトリを監視できます。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

OpManagerで実現するXenServer監視機能は以下の通りです。

XenServer のディスカバリと分類

OpManagerはXenServerのディスカバリ、分類、監視にXen APIを使用します。ホストを監視するために詳細を設定する必要があります。ホストから、ホストに関連するすべてのゲストOS、ストレージレポジトリ(RS)をディスカバリします。ディスカバリ後、XenServerの装置テンプレートを用いて、必要なパフォーマンス監視をホスト、ゲストOS、ストレージレポジトリに割り当てます。

インベントリと割り当てリソースのトラッキング

仮想化環境において最大のチャレンジはゲストOSが無秩序に作られていくことです。ホスト上のゲストOSをトラックし、それぞれのゲストOSに割り当てられているリソースを監視することで、これを防げます。OpManagerは定期的にホストとゲストOSを監視できます。XenMotionでホスト間を移動したゲストOSをトラックすることもできます。

リアルタイムの仮想化マップ

仮想化マップを作成でき、ホスト、ゲストOS、ストレージレポジトリの間の複雑な関係を視覚的に理解できるようになります。装置のスタータスや装置間の関係性をリアルタイムで表示します。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

XenServer のパフォーマンス監視

XenServerのホスト、ゲストOSのCPU、メモリ、ネットワークなどの情報を監視できます。パフォーマンス監視項目にしきい値を設定でき、しきい値違反時にアラートを発生できます。XenServerに特化したこれらの監視項目以外では、サービス、Windowsサービス、プロセス、ファイル/フォルダ、カスタムスクリプト、URLなどを監視できます。

障害情報のメール通知

OpManagerの障害管理機能でパフォーマンスでの問題をアラートとして検知し、メール通知できます。ワークフロー機能を使えば、さらにトラブルシューティングを効率化できます。

ホストとゲストOSで十分に活用されていないリソースを特定

すべてのホストとゲストOSについて使用されているリソース情報などの詳細を確認できます。割り当てられているリソースの最適化に役立ちます。

XenServerのパフォーマンスのレポート

コアごとのCPU使用率、全CPU使用量、ネットワーク使用量、ディスクI/O、メモリ使用量などのレポートを利用できます。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら