ルーター・WANのトラフィック監視

サーバー・ネットワーク統合監視

ルーター監視 / WAN監視

WAN監視はなぜ重要?

現在のICT環境では、ルーター監視やWAN監視が非常に重要になってきています。WANリンクはネットワークの最も重要な部分ですが、帯域割り当ての管理は複雑な作業です。必要以上の帯域幅を契約すると、余分なコストがかかっている可能性があります。契約帯域幅が少なすぎると、ネットワークの混雑や性能低下をもたらす可能性があります。 ですから、ルーター監視やWAN監視、WAN管理は非常に重要です。ネットワーク管理者は、スループット、混雑時の契約情報転送レートやバーストレート、応答時間、廃棄率を平均化することによってネットワークのサービス品質を最適化する必要があります。

トラフィック監視

ルーター監視機能 - WAN 監視機能

WAN監視の課題

ManageEngineの帯域監視製品で解決!

  • サーバー、ルーターなどのネットワークの統合監視
  • 最適な帯域割り当て
  • ネットワークの可用性の維持
  • WANの障害の迅速な解決
  • 将来を予測したキャパシティプランニング
  • WANリンクのコストの削減
  • トラフィック量/利用率の高いアプリケーションや機器の特定
OpManagerロゴ

サーバー・ネットワーク統合監視ソフト OpManager(オーピーマネージャー)

WAN監視機能

帯域割り当ての最適化 - 帯域幅使用率とトラフィックの測定

インターフェースの一覧

インターフェースの一覧

OpManagerは、トラフィック量や使用率、エラー、SLA検証に関して、WANの監視や障害解析を支援します。また、トラフィック量や使用率の正確な情報を提供し、帯域割り当ての最適化を支援します。

  • リンク使用率やトラフィック量に対し、しきい値アラートの設定が可能
  • 使用率の高いリンク、低いリンクを特定
  • インタフェースがパケット廃棄を開始するとアラート通知

ネットワークの可用性の維持 - WANリンクのプロアクティブな監視

ルーターのビジネスビュー

ルーターのビジネスビュー

OpManagerでは、ビジネスビュー(マップ)の作成が可能で、WAN全体を表示します。リンクダウンが発生すると自動的にアラート通知されます。また、ネットワークに潜在する問題を監視し、設定されたしきい値を越える前にネットワークの性能低下をアラート通知し、ネットワークの停止を回避します。インタフェースの詳細な可用性レポートを提供します。 このレポートにより、SLAを満足しているかどうか判断可能です。

WAN 障害の迅速な解決 - ルーター性能監視機能

WANの性能を維持するには、ルーターの性能を最適にすることが不可欠です。ネットワークの混雑が発生した場合、OpManagerで、ルーターの性能に関する次のような変数を分析することにより、障害を迅速に解決できます。

ルーターのスナップショット

ルーターのスナップショット

  • CPU使用率
  • メモリー使用率
  • エラーと廃棄率
  • 電圧、温度など
  • バッファー統計情報(ヒット、紛失、失敗)
  • SNMP監視機能による、ルーターの提供する性能指標を監視

トラフィック傾向を特定 - コスト削減とキャパシティプランニング

OpManagerは、活用されていないリンクを特定し、ネットワーク管理者が回線コストを削減するのを支援します。また、トラフィック傾向のチャートとリンク使用率レポートにより、将来を見越したキャパシティプランニングを立案することができます。

トラフィック量や使用率の高い機器を特定

OpManagerで、異常に高いトラフィック量や使用率の原因を見つけることができます。また、当社製品NetFlow Analyzerと統合することにより、トラフィックの詳細な情報を得ることができます。だれが、どのアプリケーションが帯域を使用しているのか、帯域を最も占有しているのは誰かを見極めることができます。