トラフィックなど、ルーター監視を簡単に実現する方法

サーバー・ネットワーク統合監視

ルーター監視とは?

自社でネットワークを運用している企業にとって、社内に設置されたルーターが機能しなくなることは、社員の業務の大半が停止することを意味します。仮にそのルーター停止の影響が全社員に及ぶなら問題はより深刻です。そのため、ネットワーク管理者は、万が一ルーターが停止した時にその事実に気づくまでの時間をゼロに近づける必要があります。

ルーター監視とは、ネットワークの安定運用を目的に、ルーターの状態をリアルタイムに把握するために監視することです。

障害対応を迅速化する有効な監視項目

また、監視する項目は、ルーターが稼働しているか否かだけでは不十分です。ネットワーク障害の原因は、容量の大きいファイルの送信などによるトラフィックの輻輳などさまざまです。ネットワーク管理者が想像している以上に、ネットワークが混雑している状況が発生しているということも考えられます。

障害対応をより迅速化するためには、機器の停止やトラフィック量の他にも、例えばパケットロスやCPU使用率、温度やバッファーの統計情報などを瞬時に把握できる必要があります。

ハードルの高いOSSによる監視

これらの監視項目を想定し、ルーターを含むネットワークを効率的に監視することを考える場合の有効な手段がSNMPです。

SNMP監視ツールを選定する際にまず候補にあがるのがOSS(オープンソースソフトウェア)です。その主な理由は、監視のための予算が確保できていないためです。無料でさまざまなことが実現できるOSSですが、構築する際により専門的な知識が必要なため、監視を開始するまでに多くの工数が必要となります。

例えば、レポートやネットワーク図形式での可視化などをする場合、機能を開発する必要があります。

ルーター監視を簡単にはじめられるパッケージソフトウェア

そこで検討したいのが無料でも導入できるパッケージソフトウェアです。パッケージソフトウェアは、レポートやネットワーク図などの可視化機能まで標準搭載されているため、シンプルなインストールと簡単な設定ですぐに監視をはじめることができます。ManageEngineが提供するOpManagerもルーター監視を簡単に自動化するパッケージソフトウエアです。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

OpManagerで実現できるルーター監視機能は次の通りです。

インターフェースの監視

OpManagerは、インターフェース単位でトラフィック量や使用率、エラー、SLA検証の障害切り分けや帯域割り当ての最適化を支援します。

  • リンク使用率やトラフィック量に対し、しきい値アラートの設定が可能
  • 使用率の高いリンク、低いリンクを特定
  • インタフェースがパケット廃棄を開始するとアラート通知
インターフェース一覧

インターフェース一覧

インターフェース単位の使用率

インターフェース単位の使用率

ルーター性能の監視

WANの性能を維持するには、ルーターの性能を最適にすることが不可欠です。ネットワークの混雑が発生した場合、OpManagerで、ルーターの性能に関する次のような変数を分析することにより、障害を迅速に解決できます。

  • CPU使用率
  • メモリー使用率
  • エラーと廃棄率
  • 電圧、温度など
  • バッファー統計情報(ヒット、紛失、失敗)
  • SNMP監視機能による、ルーターの提供する性能指標を監視
ルーター単位の監視結果

ルーター単位の監視結果

機器の位置関係と可用性の可視化

SNMPを活用するOpManagerはルーターだけでなく、スイッチやアクセスポイントなどの各種ネットワーク機器やサーバーも監視します。ドラッグ&ドロップでネットワーク図を簡単に作成できる機能(ビジネスビュー)を用いることで、どのような接続関係でどこに置いてあるルーターやスイッチ、サーバーがどのようなステータスにあるのかを一目で把握することができます。例えば、リンクダウンが発生すると自動的にメールで通知する設定も簡単に実現できます。

また、ネットワークに潜在する問題を監視し、設定されたしきい値を越える前にネットワークの性能低下をメールで通知で把握し、ネットワークの停止を回避できます。インタフェースの詳細な可用性レポートにより、SLAを満足しているかどうか判断できます。

ルーターのビジネスビュー

ビジネスビュー

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら