ネットワーク機器のモニタリングをひとつにまとめる

サーバー・ネットワーク統合監視

複数ツールを使っていると障害対応が後手になる

運用するネットワークをしっかりモニタリングし、管理できていないということは大きなリスクを抱えた状況と言えます。例えば、管理者の人的ミスで障害を発生させてしまったり、障害が発生した直後の迅速な対応ができない可能性があります。

それは企業であれば大きなビジネス損失につながるため、しっかりモニタリングしていかなくてはいけません。

しかし実体は、ネットワーク機器の監視は機器に付属するツールで、物理サーバーの監視はオープンソースソフトウェアで、仮想サーバーの監視は仮想化ソフトの付属ツールで、といったようにネットワークの管理が煩雑になっている現場は少なくありません。

一方、安定して運用できている現場では、ネットワークモニタリングを一元化できる統合監視ツールを活用し、管理を効率化しています。

1時間でまるっとネットワークをモニタリングできるツール

ManageEngineが提供するOpManagerもマルチベンダーのネットワークモニタリングを簡単にはじめられるツールのひとつです。特に可視化機能に強く、誰が見てもインフラの異常を瞬時に把握できる管理画面を提供します。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

OpManagerは、ネットワーク機器の一元監視とパフォーマンスの可視化によって、ネットワークの管理を効率化します。

ネットワーク管理機能一覧

OpManager には、次のようなネットワーク管理機能があります。

死活監視 / 可用性監視

「死活監視/可用性監視」の詳細を見る

あらゆる規模の企業にとって、24時間365日のネットワーク運用は必須であり、ネットワークやサービスの高い可用性は、最大の関心事になっています。OpManager では、ネットワークの統合的な稼働監視を実現し、すべてのネットワーク機器やサービスが24時間365日絶えず稼働することを確保します。OpManager のUIでは、稼働状況だけでなく、スイッチ、ルーター、サーバー、その他のSNMP対応機器からの詳細な監視と解析の情報をビューとしてリアルタイムに表示します。

死活監視 / 可用性監視

死活監視 / 可用性監視

トラフィック監視

SNMP監視により、スイッチやルーター、サーバーなど様々な装置のパフォーマンスだけでなく、インターフェースを流れるネットワークトラフィックの総量を把握することができます。

ルーターのインターフェース

ルーターのインターフェース

ルーターのトラフィックレポート

ルーターのトラフィックレポート

また、次に示すとおり、ネットワーク障害が起きている箇所やその影響範囲を把握するだけでなく、原因となる通信を特定したい場合は、SNMPに加えフロー(xFlow)を監視する必要があります。

参考価格 年間41.2万円(サポート付)

ネットワーク機器50台の死活、性能、トラフィック監視と主要部分のフロー監視をする場合OpManager 234,000円/年 + NetFlow Analyzer 178,000円/年

詳しくは NetFlow Analyzer 製品ページへ

Cisco IP SLA に基づく、ルーター監視 / WAN 監視

「ルーター監視 / WAN監視」の詳細を見る

強力な Cisco IP SLA 技術を利用して、OpManager は 最も長い待ち時間(レイテンシ)と RTT (ラウンドトリップタイム) 経路をもつネットワーク機器を精確に特定し、WAN RTT 問題のトラブルシューティングに役立ちます。

  • ルーターやWANリンクの状態をリアルタイム監視
  • インターフェースの状態と可用性を監視
  • シャーシのイメージアイコンをルーター専用の一覧画面に表示
  • ルーターやインターフェースの正常/異常を通知
  • Cisco 機器のCPU、メモリー、バッファー統計などを監視
  • Cisco IP SLAによる監視
インフラストラクチャビュー(スイッチ)ルーターのビジネスビュー

スイッチ監視

「スイッチ監視」の詳細を見る

  • 自動的にスイッチやポートを検出し、スイッチ専用の一覧画面に表示
  • ポートの状態と可用性を表示
  • スイッチやそのポートの応答がなくなると通知
  • 重要なポートのみを監視するよう設定し、不要なアラートを抑制
  • ブロック/フォワードポートを表示し、STPの状態を確認 ※オプション機能
  • インターフェーストラフィックをリアルタイムで表示
インフラストラクチャビュー(スイッチ)インフラストラクチャビュー(スイッチ)

Cisco IP SLA に基づく、VoIP 監視

「VoIP監視」の詳細を見る

VoIP の準備状況を試すテストから始まり、VoIP パフォーマンスの監視や、VoIP 音声品質の問題解決に至るまで、OpManager は すべての段階を通して企業における VoIP 利用を支援します。

VOIP パフォーマンス監視VoIP パフォーマンス監視

ネットワーク情報分析ツール

MIBブラウザーMIBブラウザー

リアルタイム監視

「ネットワークのリアルタイム監視」の詳細を見る

設定された更新間隔と時間帯に基づいて、リソース情報、温度、インタフェースのトラフィックをリアルタイムで表示させることが可能です。

リアルタイム監視リソース情報のリアルタイムでの表示

ネットワーク機器コンフィグ管理(NCMオプション)

NCM(Network Configuration Management)オプションにより、ネットワーク機器のコンフィグレーション変更管理が可能です。「いつ」・「誰が」・「どの機器を」・「どのように」変更したかを記録する変更管理だけでなく、コンフィグの自動バックアップ、世代管理を実現し、設定ミスにより生じる障害からの早期復旧を可能にします。
NCMオプションは、ManageEngine製品のひとつNetwork Configuration Managerと同じ機能を提供します。

NCMオプション ダッシュボード画面NCMオプション ダッシュボード画面

参考価格 年間40万円(サポート付)

ネットワーク機器50台の死活、性能、トラフィック監視とコンフィグ管理をする場合OpManager 234,000円/年 + NCMオプション 166,400円/年

詳しくは Network Configuration Manager 製品ページへ

インフラ装置の監視

「インフラ監視」の詳細を見る

プリンター、UPS、センサー、無線アクセスポイント、ファイアウォールその他さまざまなインフラ装置を監視することができます。

プリンター監視インフラストラクチャビュー(プリンター)