スイッチ監視

サーバー・ネットワーク統合監視

スイッチ監視

スイッチポートマッパー実装のスイッチ監視機能

スイッチはLANのバックボーンです。スイッチに障害が発生するとLANを使用しているユーザーに大きな影響が出ます。OpManagerを使用してプロアクティブなスイッチ監視を行うことにより、障害の予防、早期検知ができます。OpManagerのスイッチ監視機能は、ネットワーク上のスイッチを自動検出し、スイッチ専用のマップを生成します。各スイッチのすべてのポートも自動検出し、マップのスイッチのイメージ上に配置します。

スイッチ監視機能により、各スイッチのポートの状態や可用性を把握することができます。スイッチポートを常時監視し、ポートやスイッチがダウンするとすぐに通知します。重要なポートのみを監視する設定にすれば、不要なアラートを抑制することができます。

スイッチとスイッチポートの可用性監視機能

インフラストラクチャービュー(スイッチ)

インフラストラクチャービュー(スイッチ)

OpManagerでビジネスビュー(マップ)を作成し、LAN全体を描画することができます。また、リンクダウン時には、自動的にアラート通知をします。OpManagerでは、スイッチとポートの詳細な可用性レポートを生成します。このレポートにより、SLA基準を満たしているかどうかを判断することができます。

ポートのトラフィック監視機能

OpManagerは、トラフィック量、使用率、エラー、SLAの検証に関して、スイッチのポートの監視や障害対応を支援します。また、ポートのトラフィック量や使用率の正確な情報により、LANのトップ占有者を特定することもできます。

  • ポート使用率やトラフィック量に対し、しきい値アラートの設定が可能
  • 潜在的ブロードキャストストームを検知、回避
  • 使用率の高いポート、低いポートを特定
  • ポートのパケット廃棄開始時のアラート通知

その他のスイッチ監視機能

OpManagerには、スイッチポートマッパーなどスイッチのリアルタイム情報の監視ツールを実装しています。

スイッチポートマッパー

スイッチポートマッパーは実用性の高いユーティリティで、スイッチのポートに接続されている機器の一覧を表示することができます。

スイッチポートマッパー

スイッチポートマッパー