VoIP 監視

サーバー・ネットワーク統合監視

VoIP 監視OpManager の VoIP 監視で、安定した VoIP 通話品質を

Cisco IP SLA に基づく VoIP 監視

OpManager の VoIP 監視機能により、ネットワークの障害管理とパフォーマンス管理を一元的に実施可能です。Cisco IP SLA 技術 に基づく VoIP(Voice over IP)レポート機能を活用することで、VoIP サービス品質の監視を実現します。

VoIP パフォーマンスのプロアクティブな監視

OpManager の VoIP 監視機能は、 VoIP 通話の処理能力をプロアクティブに監視し、レポートを生成します。OpManager では、Cisco IP SLA (Service Level Agreements) に基づき、SNMPで情報を取得して、VoIP ネットワークパフォーマンスの原因を明らかにする VoIP サービス品質(Qos:Quality of Service)の重要なパラメーターを継続的に計測します。計測対象の VoIP 品質メトリクスは、パケット損失、遅延、ジッター、MOS(Mean Opinion Score)、RTT(ラウンドトリップタイム)などです。

VoIP パフォーマンス監視VoIP パフォーマンス監視

WAN インフラ全域の VoIP 品質の監視

従来の回路交換方式のネットワークとは異なり、クラウドはコミュニケーション媒体であるため、VoIP 通話のエンドポイントでは詳細なエンドツーエンド(終端間)の回線を確保することはできません。VoIP 通話品質を維持管理する担当者にとっては、これが悩みの種になります。企業 WAN 内だけでなく WAN 外の ISP ネットワークにおいても、ネットワークの継続的な安定稼働が必要となるからです。多くのネットワーク機器に搭載された Cisco IP SLA 技術のおかげで、Cisco IP SLA に基づく VoIP 監視により、WAN 内や ISP ネットワーク上の企業間の通話における詳細な QoS を可視化することができます。

WAN 内の VoIP 監視WAN 内の VoIP 監視

発信元と発信先のパフォーマンスレポート

通話の発信元が企業 WAN内なら、発信先は WAN外部のISP ネットワーク上でしょう。逆に発信元が企業 WAN外部のISPネットワーク上なら、発信先は WAN内でしょう。VoIP 監視機能では、発信元から発信先間、発信先から発信元間のパケット損失、遅延、ジッタ(ゆらぎ)の値に関する統計データを提供します。これにより、VoIP 品質の低い通話に対して、発信元と発信先のどちらの側に原因があるのか、原因が何であるかを容易に把握することができます。

VoIP パフォーマンス監視 - パケットロス履歴レポートVoIP パフォーマンス監視 - パケットロス履歴レポート

VoIP のパフォーマンスレポート

数日/数か月 前にインターフェースエラーとともに発生した通話のトラフィックレポートと利用レポートは、ネットワークリソースの傾向分析やキャパシティプランニングに役立ちます。ダッシュボードビューでは、上位 10 位の通話経路について、MOS、パケット損失、ジッタ(ゆらぎ)、レイテンシ(待ち時間)、最大 SLA 違反、最大往復時間(RRT) の値がレポートとして即座に表示され、問題が発生している領域を把握することができます。

VoIP パフォーマンスレポートVoIP パフォーマンスレポート

Cisco IP SLA に基づく VoIP 監視の自動設定

OpManager の VoIP 監視機能では、選択した発信元ルーターにおいて Cisco IP SLA を自動設定することができます。VoIP テンプレートを利用すれば、各種 VoIP トラフィック負荷における VoIP サービスパフォーマンスを分析するために、異なるトラフィック負荷を簡単にシミュレーションする事が可能です。アラートやアラートしきい値の設定はすべてカスタマイズ可能で、効果的な VoIP パフォーマンス管理を実現します。