運用における『Ping監視』の立ち位置

システムやネットワークの運用管理で行われる監視は、大きく分けて2つあります。

Ping監視

サーバーやネットワーク機器などのITインフラと呼ばれる装置が、動いているか止まっているかを監視する手法で、「死活監視」や「可用性監視」と呼ばれることもあります。Ping監視では、「Pingコマンド」を使い、ICMPプロトコルでテストパケットを装置に対して送付し、その応答の有無により装置の稼働を判断します。

パフォーマンス監視

パフォーマンス監視とは、サーバーやネットワーク機器のCPUやメモリー、ディスク使用率などを監視する手法です。一般的には「SNMP」や「WMI」というプロトコルを活用し行われます。CPUやメモリー、ディスクの使用率などを監視することで、システム障害の予兆を検知し、障害を未然に防ぐことができます。

一般的にシステム・ネットワークの運用監視を始める際は、Ping監視から実施する企業が多く、人員や予算の状況を加味し、パフォーマンス監視も併せて行うかの判断がされます。 これから運用監視を始める方は、まずPing監視から始めることをおすすめします。

EC2のPing監視を簡単に実現する「Amazon CloudWatch」

昨今システムを構成する1つのインフラとして利用が進んでいる「AWS EC2」に対しても、Ping監視を実施することができます。 AWSでは「CloudWatch」という監視ツールを提供しており、こちらを使うことで簡単にAWS EC2のPing監視やパフォーマンス監視を実施することができます。
AWS EC2のPing監視については、以下の2つのステップのみでアラート設定まで行えます。

①Ping監視の対象ノード(サーバー)を選択

CloudWatchの死活監視設定

②Ping監視に応答がなかった場合の通知を設定

CloudWatchのアラート設定

 

ハイブリッドクラウドのPing監視は手間がかかる

クラウドを活用する多くの企業では、社内システムや社内ネットワークはAWSを含むクラウドだけではなく、物理サーバーやネットワーク機器から構成されています。この様に、サーバーやネットワークがクラウド環境と物理環境に点在する環境を「ハイブリッドクラウド」と呼びます。ハイブリッドクラウド環境を管理するネットワーク管理者は、クラウドのPing監視だけではなく、おのずと物理サーバーやネットワーク機器のPing監視も併せて行く必要がでてきます。

この場合、「AWS EC2はCloudWatchでPing監視」、「その他は別ツールでPing監視」という運用を行うと、管理ツールの種類が増えてしまい、工数・費用の面で負荷が大きくなります。 この様な状況で力を発揮するのが「ネットワーク統合監視」という考え方です。
ネットワーク統合監視とは、複数の環境に点在する様々なメーカーのサーバー・ネットワーク機器を1つのツールで管理・監視する、という考え方です。 利用するツールが1つになるため、運用者の工数とツールのランニング費用の面でメリットが大きく、誰でも手軽にネットワーク・サーバーの運用管理を最適化できます。

 

国内No.1のネットワーク統合監視ツール*

ManageEngineでは「OpManager」というネットワーク統合監視ツールを提供しています。 OpManagerは、AWS EC2をはじめとするクラウドサーバーに加え、物理サーバーやネットワーク機器などをマルチベンダーでPing監視することができます。 また追加料金なしで、Ping監視だけではなくSNMPやWMIなどのプロトコルを使ったパフォーマンス監視にも対応しています。
低価格で誰でも使えるGUIが特徴で、特別な知識や経験がなくてもすぐにネットワーク統合監視を始めることができます。無料でも使えるので、是非お試しください。

*ミックITリポート2019年4月号「中規模・小規模向けサーバ・ネットワーク統合監視ソフトウェア市場動向」より

SNMPから取得したデータをわかりやすく可視化

SNMPから取得したデータをわかりやすく可視化