OpManager リリース11.2 新機能の紹介

サーバー・ネットワーク統合監視

「OpManager 11.2」をリリース サーバー・ネットワーク統合監視ツール

の最新版11.2を、2014年4月2日にリリースしました。

リリース 11.2の新機能と機能強化一覧

L2/L3トポロジーマップ機能を強化

トポロジーマップ[トポロジーマップ]

トポロジーマップは、ネットワーク内のリソースの物理的、また論理的な配置をグラフィカルに可視化する機能です。本リリースでは、CDP(Cisco Discovery Protocol)非対応のネットワーク機器にも対応しています。障害時には影響範囲にあるノードやリンクを特定できます。 多くのお客様から対応機器の拡張要望があったことを受け、RFC1213-MIBやBRIDGE-MIB対応のマルチベンダーのネットワーク機器に加え、サーバーやデスクトップなどのSNMPエージェントを搭載した機器のトポロジーマップの描画も可能です。

【関連する機能】トポロジーマップ

新Webクライアント(ベータ版)を公開

新しいユーザーインタフェース[新しいユーザーインタフェース]

ユーザーインタフェースを刷新した新Webクライアントのベータ版を試用できます。仮想化、クラウドなど、複雑さと規模を増すICT環境の監視に耐えうるべく、読み込み速度を向上させています。 新しいインタフェース上では、障害のポップアップ表示などで迅速な障害対応を促します。その他、1つの画面上に全ての機器の死活情報を表示するヒートマップ機能、監視対象の仮想化環境のホストとゲストOSの関係性をリンクで表す仮想化マップも利用できます。

ライブポップアップ通知[ライブポップアップ通知]
アラート一覧[アラート一覧]
仮想化マップ[仮想化マップ]
ヒートマップ[ヒートマップ]

※その他の新機能については11.2リリースノート / 制限事項をご確認ください。

関連ドキュメント

リリースノート11.2 リリースノート / 制限事項
ヘルプドキュメントスタートアップガイド、ユーザーガイドなど
製品紹介リーフレット製品紹介リーフレット
ダウンロードOpManager 11.2 評価版 (※30日間無料)

※アップデート手順や以前のリリースに関する情報は、リリース / アップグレード情報をご確認ください。