特権ID・アカウント管理、アクセスコントロールを自動化

特権ID管理ソフト

セッションレコーディング

Windows(RDP)の場合

Password Manager Proは、ITリソースへアクセスしている際のユーザーの画面操作をすべて動画*として記録します。動画はアーカイブに保存され、後から再生できます。これによって「いつ」「だれが」「何に」アクセスしたかを含め詳細な操作内容を把握でき、内部統制の監査に役立ちます。

Windowsセッションレコーディング画面

*動画として記録したRDPセッションの容量は、1分につき約1MBのディスク容量が必要です。 無操作時間は、記録を行わないためディスク容量を節約します。

Linux/Unix(telnet/SSH)の場合

telnet/SSHによるコマンドの実行内容は、以下図の通り画像として記録します。

Linuxセッションレコーディング画面

なお、ログの検索性を向上させるため、テキスト形式でログを保管したい場合は、EventLog Analyzerとの併用もお勧めいたします。