パッチ管理ツール

スモールスタートで始めるテレワークのセキュリティ対策

Windows、MacのOS更新プログラムと、Adobe、Java、ブラウザ等850種類以上のサードパーティアプリケーションのパッチまでクラウド上のコンソールから簡単管理

パッチ管理
高いコストパフォーマンス

高いコストパフォーマンス

年間ライセンス14.2万円(税別)からご利用可能。管理台数が増えたらクライアント、サーバー毎にオプションで追加ができます。

マルチOSのパッチ管理

マルチOSのパッチ管理

Windows、MacOSが混在している環境も対応可能。WSUSを利用せずに更新プログラムの適用を漏らさず管理できます。

850種類以上のサードパーティアプリケーションに対応

850種類以上のサードパーティアプリケーションに対応

850種類以上のサードパーティアプリケーションのパッチに対応。自動的に収集したパッチ情報をもとに、クライアントのパッチ適用状況が把握できます。

Patch Manager Plus Cloudの概要

Patch Manager Plus Cloudはクライアントのパッチ監視環境のための専用サーバーやデータベースを用意せずに※、サインアップするだけで管理コンソールをご利用いただけます。ブラウザに表示されるコンソールから監視対象に登録したすべてのパソコンのOS、サードパーティアプリケーションのパッチの適用状況が確認できます。
850種類以上のサードパーティーアプリケーションのパッチリリース情報を自動的に収集。監視対象のパソコンにインストールされているアプリケーションを検出して適用されていないパッチがあれば、未対応のクライアントをリストで確認や特定のパソコンに対してパッチを適用といった、パッチ管理に必要なアクションをクラウド上のコンソールから実行できます。

※パッチダウンロードの帯域幅消費を抑える場合、必要に応じて配信サーバーの設置をご用意ください。

Patch Manager Plus Cloud コンソール

パッチ監視状況を把握パッチ監視状況を把握
欠落パッチを一覧で表示欠落パッチを一覧で表示
クライアントの状況を可視化クライアントの状況を可視化
Patch Manager Plusクラウド版パッチ自動配布タスクの設定

関連資料・FAQ

 Patch Manager Plus Cloudの動作要件
Patch Manager Plus Cloudをご利用する際の動作要件についてご確認いただけます。
 オンラインガイドPatch Manager Plus Cloudをご利用いただく際の環境や設定について、オンラインガイドにまとめてあります。
 よくあるご質問Patch Manager Plus Cloudをご利用される際にいただく、よくあるご質問はこちらをご覧ください。