Patch Manager Plus Cloudアーキテクチャ-

仕組み

Patch Manager Plus Cloudを使用したパッチ管理は、たった2ステップで完了します。

  • パッチスキャン
  • パッチのダウンロードと配布

パッチ管理アーキテクチャ- | 配信サーバー - エージェント

 

パッチ管理アーキテクチャ- | ローミングユーザー

パッチスキャン

Patch Manager Plusはネットワーク内のシステムを定期的にスキャンして欠落パッチを検出します。スキャンのメカニズムはパッチデータベースの情報を参照し、端末上でファイルバージョンチェック、レジストリチェックおよびチェックサムを実行することによって、欠落パッチを検出しています。パッチデータベースは、定期的に更新され、ベンダーからリリースされる最新情報を取得します。スキャンロジックは、オペレーティングシステム、アプリケーション、および更新プログラムの依存関係を考慮して、各システムで必要な更新プログラムを自動的に判別します。

パッチスキャンが完了すると、スキャン結果が返され、サーバーデータベースに保存されます。スキャン結果はウェブコンソールで表示・確認できます。

パッチのダウンロードと配布

配信サーバーは、Patch Manager Plusサーバーから欠落パッチの情報を同期し、該当するベンダーのウェブサイトから欠落パッチをダウンロードします。その後ダウンロードしたパッチを、コンピューターに配布します。

ローミングユーザーの場合、エージェントは、Patch Manager Plusサーバーから欠落パッチの情報を同期し、欠落パッチをベンダーのウェブサイトからダウンロードします。その後、ダウンロードしたパッチをインストールします。