Patch Manager Plusの動作環境・システム要件

オンプレミスクラウド

本製品をインストールするためには、以下の環境が必要です。お客様の環境に合致するか、ご確認ください。


Patch Manager Plus(オンプレミス版)のシステム要件は次の通りです。クラウド版のシステム要件は上の「クラウド」をクリックしてご覧ください。

Patch Manager Plusオンプレミス版のシステムを構成する各要素については、システム構成に関するナレッジをご覧ください。

サーバーの要件 | エージェントの要件 | 配信サーバーの要件 | セキュアゲートウェイサーバーの要件
対応ブラウザー | 対応データベース | 使用するWebサーバー | 使用するポート  

営業担当へのお問い合せはこちら

Patch Manager Plus サーバー要件

Patch Manager Plus サーバーの最小ハードウェア要件

管理対象の
コンピューター台数
CPUメモリーディスク容量
1-250Intel Core i3 (2 core/4 thread) 2.0 Ghz  3 MB cache2 GB5 GB*
251-500Intel Core i3 (2 core/4 thread) 2.4 Ghz  3 MB cache4 GB10 GB*
501-1000Intel Core i3 (2 core/4 thread) 2.9 Ghz  3 MB cache4 GB20 GB*
1001-3000Intel Core i5 (4 core/4 thread) 2.3 GHz  6 MB cache8 GB30 GB*
3001-5000Intel Core i7 (6 core/12 thread) 3.2 GHz  12 MB cache8 GB40 GB*
5001-10000Intel Xeon E5 (8 core/16 thread) 2.6 GHz  20 MB cache16 GB60 GB*
10001-20000Intel Xeon E5 (8 core/16 thread) 2.6 GHz  40 MB cache32 GB120 GB*

* スキャンの頻度に応じて増加する可能性があります。

Patch Manager Plus サーバーでサポートされているOS

  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

営業担当へのお問い合せはこちら


Patch Manager Plus エージェント要件(管理可能なPC)

Patch Manager Plusは、管理対象コンピューターへエージェントを必ずインストールする必要があります。コンピューターをPatch Manager Plusの管理対象に追加するには、物理マシン/仮想マシンに関わらず、以下のハードウェア要件およびソフトウェア要件を満たす必要があります。

Patch Manager Plus エージェントの最小ハードウェア要件

CPUメモリーハードディスク容量
Intel Pentium 1.0 Ghz512.0 MB 以上100.0 MB 以上*

* クライアントで実行された操作によっては増加する可能性があります

Patch Manager Plus エージェントのソフトウェア要件(サポートされているOS)

OSサポート対象

Windows
Windows:7* / 8 / 8.1 / 10
Windows Server:
2008* / 2008R2* / 2012 / 2012R2 / 2016 / 2019
MacMac OS:10.11 / 10.12 / 10.13 / 10.14 / 10.15 / 11.1

Linux**
Red Hat Enterprise Linux: 7 / 8
CentOS: 7 / 8
Ubuntu: 18.04 LTS /20.04 LTS / 21.04 
Debian: 8 / 9 / 10
SUSE Enterprise Linux: 11 / 12 / 15

* Windows 7, Windows Server 2008 / 2008R2 については、拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)ライセンスを適用しているコンピューターが対象となります。

**サポートしている具体的なOSにつきましては、対応OS/アプリケーション一覧をご覧ください(今後のアップデートで、対応OSが追加される可能性があります。最新OSへの対応状況はお問い合せください)。
なお、Linux OSでサポート対象となるのは、カーネル2.6.33以上となります。

営業担当へのお問い合せはこちら


その他の要件

配信サーバーの最小ハードウェア要件・ソフトウェア要件

管理対象の
コンピューター台数
CPUメモリーディスク容量
1-250Intel Core i3 (2 core/4 thread) 2.0 Ghz  3 MB cache2 GB10 GB*
251-500Intel Core i3 (2 core/4 thread) 2.0 Ghz  3 MB cache4 GB20 GB*
501-1000Intel Core i5 (4 core/4 thread) 2.3 GHz  6 MB cache4 GB30 GB*

* 配布するパッチの数に応じて増加する可能性があります

OSサポート対象
WindowsWindows Server:
2012 / 2012R2 / 2016 / 2019

営業担当へのお問い合せはこちら

セキュアゲートウェイサーバーの最小ハードウェア要件・ソフトウェア要件

セキュアゲートウェイサーバーのご利用には、アドオンライセンスが必要になります。

CPUメモリーハードディスク容量
Intel Core i5(4 core/8 thread) 2.3 GHz 6 MB cache4 GB 以上5 GB 以上
OSサポート対象

Windows
Windows Server:
2012 / 2012R2 / 2016 / 2019

営業担当へのお問い合せはこちら

対応ブラウザー

Patch Manager Plusコンソールにアクセスするには、次のいずれかのブラウザーを使用する必要があります。

  • Microsoft Edge (Chromium版)
  • Mozilla Firefox 44 以降
  • Google Chrome 47 以降

*解像度1280 x 1024ピクセル以上が必要です。

 

対応データベース

Patch Manager Plusは次のデータベースに対応しています。バンドル済みのPostgreSQLに代わって、MS SQLを使用することも可能です。

  • PostgreSQL(バンドル済)
  • Microsoft SQL
    1. SQL Server 2012
    2. SQL Server 2014
    3. SQL Server 2016
    4. SQL Server 2017
 

使用するWebサーバー

Patch Manager Plusは次のWebサーバーを使用しています。

  • Apache
  • Tomcat
 

Pacth Manager Plusが使用するポート

Patch Manager Plus 10.0.544以前のビルドから継続してご利用の場合は、デフォルトの使用ポート番号が異なります。こちらのナレッジをご覧ください。

サーバーで使用するポート
ポート番号目的プロトコル接続
8020エージェントとサーバー間または
配信サーバーとサーバー間の通信
HTTPサーバーへのインバウンド通信
8027エージェントとサーバー間の通信TCPサーバーへのインバウンド通信
8383エージェントとサーバー間または
配信サーバーとサーバー間の通信
HTTPSサーバーへのインバウンド通信
389Active Directoryのドメインコントローラーとの通信
(Active Directory環境で使用する場合)
LDAPサーバーからのアウトバウンド通信
636Active Directoryのドメインコントローラーとの通信
(Active Directory環境で使用する場合)
LDAP SSLサーバーからのアウトバウンド通信

上記の他、エフェメラルポートを使用します。

エージェントで使用するポート
ポート番号目的プロトコル接続
135エージェントのプッシュインストールTCPエージェントへのインバウンド通信
139エージェントのプッシュインストールTCPエージェントへのインバウンド通信
445エージェントのプッシュインストールTCPエージェントへのインバウンド通信

上記の他、エフェメラルポートを使用します。

配信サーバーで使用するポート
ポート番号目的プロトコル接続
8384WANエージェントと配信サーバー間の通信HTTPS配信サーバーへのインバウンド通信
8021WANエージェントと配信サーバー間の通信HTTP配信サーバーへのインバウンド通信

上記の他、エフェメラルポートを使用します。

営業担当へのお問い合せはこちら

本製品をインストールするためには、以下の環境が必要です。お客様の環境に合致するか、ご確認ください。


Patch Manager Plus Cloudのシステム要件は次の通りです。オンプレミス版のシステム要件は上の「オンプレミス」をクリックしてご覧ください。

配信サーバーの要件 | エージェントの要件(管理可能なPC) | 対応ブラウザー  

営業担当へのお問い合せはこちら

配信サーバーの要件

Patch Manager Plus Cloudでは、パッチダウンロード時の帯域幅の消費を抑えるため、必要に応じて配信サーバーを設置します。Patch Manager Plus配信サーバーをインストールするコンピューターは、以下の要件を満たす必要があります。

配信サーバーの最小ハードウェア要件

コンピューター台数CPUメモリーディスク容量
1-250Intel Core i3 (2 core/4 thread) 2.0 Ghz  3 MB cache2 GB10 GB*
251-500Intel Core i3 (2 core/4 thread) 2.0 Ghz  3 MB cache4 GB20 GB*
501-1000Intel Core i5 (4 core/4 thread) 2.3 GHz  6 MB cache4 GB30 GB*

* 配布するパッチの数に応じて増加する可能性があります。

配信サーバーのソフトウェア要件

OSサポート対象
WindowsWindows Server:
2012 / 2012R2 / 2016 / 2019

営業担当へのお問い合せはこちら

 

エージェントの要件(管理可能なPC)

Patch Manager Plus Cloudは、管理対象コンピューターへエージェントを必ずインストールする必要があります。コンピューターをPatch Manager Plus Cloudの管理対象に追加するには、物理マシン/仮想マシンに関わらず、以下のハードウェア要件およびソフトウェア要件を満たす必要があります。

エージェントのハードウェア要件

CPUメモリーハードディスク容量
Intel Pentium 1.0 Ghz512.0 MB 以上100.0 MB 以上*

*クライアントで実行された操作によっては増加する可能性があります

 

エージェントのソフトウェア要件(サポートされているOS)

OSサポート対象

Windows
Windows:7* / 8 / 8.1 / 10
Windows Server:2008* / 2008R2* / 2012 / 2012R2 / 2016 / 2019
MacMac OS:10.11 / 10.12 / 10.13 / 10.14 / 10.15 / 11.1  

Linux**
Red Hat Enterprise Linux: 7 / 8
CentOS: 7 / 8
Ubuntu: 18.04 LTS / 20.04 LTS / 21.04
Debian: 8 / 9 / 10
SUSE Enterprise Linux: 11 / 12 / 15

* Windows 7, Windows Server 2008 / 2008R2 については、拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)ライセンスを適用しているコンピューターが対象となります。

**サポートしている具体的なOSにつきましては、対応OS/アプリケーション一覧をご覧ください(今後のアップデートで、対応OSが追加される可能性があります。最新OSへの対応状況はお問い合せください)。 なお、Linux OSでサポート対象となるのは、カーネル2.6.33以上となります。なお、Linux OSのパッチ管理機能は現在新規サインアップされたユーザー様においてのみ対応しており、既存ユーザー様の環境への実装は将来の更新において対応予定です。

営業担当へのお問い合せはこちら

 

その他の要件

対応ブラウザー

Patch Manager Plus Cloudコンソールにアクセスするには、次のいずれかのブラウザを使用する必要があります。

  • Microsoft Edge (Chromium版)
  • Mozilla Firefox 44 以降
  • Google Chrome 47 以降

*解像度1280 x 1024ピクセル以上が必要です。

営業担当へのお問い合せはこちら