Patch Manager Plus Cloud ナレッジベース

Patch Manager Plus Cloudが使用するポート番号


この記事では、Patch Manager Plus Cloudを使用する上で必要なポート番号について記載しています。

Desktop Central Cloudが使用するポート番号

コンピューターの管理

Patch Manager Plus Cloudのエージェントおよび配信サーバーは、以下のポートを使用します。

Patch Manager Plus Cloud エージェント
ポート番号 目的 プロトコル 接続方向
443 エージェントとクラウドの通信 HTTPS アウトバウンド通信
  • 許可が必要なドメインに記載されたドメインとの通信を許可する必要があります。
  • インバウンド通信はありません。
  • 配信サーバーが設置されている環境でエージェントをプッシュインストールする場合にのみ、エージェントへのインバウンド通信として 135/139/445(Windows), 22(Mac/Linux)を使用します。
Patch Manager Plus Cloud 配信サーバー(DS)
ポート番号 目的 プロトコル 接続方向
6021 エージェントと配信サーバー間の通信 HTTP 配信サーバーへのインバウンド通信
6384 エージェントと配信サーバー間の通信 HTTPS 配信サーバーへのインバウンド通信
443 配信サーバーとクラウドの通信 HTTPS アウトバウンド通信
  • 許可が必要なドメインに記載されたドメインとの通信を許可する必要があります。
  • 配信サーバーのインストール時に使用するポートを設定します。
  • Active Directoryドメイン環境において、AD Connectorを使用する場合は、ドメインコントローラー側で389(LADP)/636(LADP SSL)ポートを開放する必要があります。