構成管理データベースツール ServiceDesk PlusのCMDB機能

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

構成管理(CMDB)データベース機能

ITサービスマネジメントツール「ServiceDesk Plus」の機能の一つである構成管理データベース(CMDB)は、ITサービスに紐づくCIの正確な構成情報の維持・管理に役立ちます。なお、CMDBはServiceDesk Plus Enterprise Editionの機能です。

ServiceDesk Plus活用した構成管理例

計画立案

CMDBを構築する前に構成管理の目的と、サービスや環境など、適用の範囲を明確にします。さらに、インシデント管理、問題管理、変更管理などその他のITサービスマネジメントをサポートするグループのポリシー、標準、プロセスを考慮する必要があります。計画立案の段階で明確にしておくべき要素には次のようなものが含まれます。

  • 組織における構成管理の適用範囲・目的・目標
  • グループポリシー・標準化されたプロセス
  • CIの命名規則

識別

ITインフラストラクチャの構成を分解し、CMDBに登録します。構成を分解する粒度が大きすぎたり小さすぎたりすると、適切な構成管理が困難になるので情報の広さと深さのバランスを考えます。一般的に識別される構成として、ハードウェア、ソフトウェア、業務アプリケーション、ライセンス、保守契約書などがあります。ServiceDesk Plusでは、スキャン機能やCSVインポート機能を利用して、自動でIT資産のインベントリ情報(ハードウェア情報、ソフトウェア情報)を取得します。

  • WMI、Telnet/SSH、SNMPを使用して、ネットワーク上にあるIT資産(ワークステーション:Windows,Linux,Mac、プリンター、ルーター、スイッチ、アクセスポイントなど)を自動で検出し、資産情報をServiceDesk Plusにインポート
  • IPアドレスをもたない資産(非IT資産)情報などはCSVファイルから一括インポート
  • ServiceDesk PlusのUIから手入力で資産情報を登録

ServiceDesk Plusのインベントリ情報収集方法についてはインベントリ情報収集をご覧ください。

構成コントロール

構成アイテム(CI)の使用開始から廃棄までが正しく認識されて、CMDBで確実に管理される必要があります。構成アイテムが承認なしで追加/削除されることのないよう、ServiceDesk Plusでは、CMDBと変更管理プロセスとが連携しており、構成アイテムの変更履歴を追跡できます。

ITIL構成管理-構成アイテムの変更履歴【構成アイテムの変更履歴】

ステータスの説明

正確な構成情報を管理するためには、すべての構成アイテム(CI)のステータスを確認できるようにする必要があります。構成アイテムのステータスを把握することで、問題発生時にワークアラウンド(回避策)を適用する際に、利用できるもの/できないものを識別できます。ServiceDesk Plusでは、「使用中」「在庫」「修理中」「有効期限切れ」「廃棄」の5つのステータスでIT資産を管理します。標準で実装されたステータスの他にも、新たにステータスを追加できます。

ITIL構成管理-構成アイテムのステータス【構成アイテムのステータス】

検証と監査

組織内の実際のIT資産の構成が、CMDB上に登録された構成と一致するかを検証する必要があります。不一致が見つかった場合には、ただちに改善し原因を突き止めます。ServiceDesk Plusでは、スキャン機能やCSVインポート機能を利用して、IT資産のインベントリ情報(ハードウェア情報、ソフトウェア情報)と構成を更新することが可能です。また、インベントリ情報の収集をスケジュール化することで、定期的にCMDB内の構成情報を最新の構成情報に上書きします。

ITIL構成管理-構成アイテムの更新情報【構成アイテムの更新情報】