インベントリ情報収集

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

インベントリ情報収集

複数のインベントリ収集機能で利用環境にあわせたIT資産情報の収集が可能

エージェントレススキャン

ServiceDesk Plusには、ドメイン/Active Directory/ワークグループ内のWindowsマシンをエージェントレスで検出する機能が装備されています。登録されていないWindowsマシンやLinux OS、Mac OSはTelnet/SSHを利用したネットワークスキャン機能での検出が可能です。 さらに、ネットワークスキャン機能では、アクセスポイント、プリンター、ルーター、スイッチなどのネットワークデバイスもスキャンできます。

  • 配布済みのワークステーション/サーバー/ネットワークデバイスのインベントリ情報の収集に適しています。
  • ワークステーション/サーバーのハードウェア情報とインストール済みソフトウェア情報を収集できます。
  • エージェントレススキャンの実行には、特定ポートの開放/ファイアウォールの無効化/WMIの有効化/SNMP設定などが必要です。
【インベントリ情報の取得】

エージェントスキャン

エージェントスキャンを利用すれば、ポートの開放、ファイアウォールの無効化、WMIの有効化などの煩わしいスキャン設定に悩まされることなく、ネットワーク上にある離れたロケーションの資産インベントリを作成できます。

  • 配布済みのワークステーション/サーバーにはActive Directoryから一括でエージェントを配布できます。
  • エージェントスキャンでは、最終スキャン以降の更新分のみを取得する差分スキャンができるので、ネットワークへの負荷を軽減できます。
  • エージェントレスモードでのスキャンと同等の情報を取得できます。
  • リモートネットワーク上にあるIT資産情報を正確に把握できます。
【エージェントスキャン】

その他のインベントリ収集方法

エージェントレスモードでのスキャン、エージェントモードのスキャンの他にVBSスクリプトを利用したWindowsマシンのスキャンとCSVファイルからの資産情報のインポートが可能です。

  • Active Directoryを利用してWindowsマシンの起動時にVBSスクリプトを実行するよう設定が可能です。
  • CSVファイルからのインポートでは、ワークステーション/サーバーだけでなくネットワークデバイスやキーボードやマウスと言った備品の情報もインポートできます。
【資産情報のCSVインポート】

分散型資産スキャン

分散型資産スキャンでは、リモートマシンにインストールしたエージェント(ManageEngine Asset Explorerのプローブ)を利用してリモートネットワークにある資産(インベントリ)をスキャンすることができます。スキャンした情報は自動的に中央サーバーに送信されます。リモートネットワークのスキャンでは、最終スキャン以降の変更分のみ取得する差分スキャンが可能です。

  • 複数の拠点を持つ組織であっても、手間なく遠隔地の資産を検知できます。
  • 多数のIT資産を所有する場合でも中央サーバーに負荷をかけずにインベントリ情報を収集できます。
  • IT資産情報の変更を自動的に中央サーバーに更新します。

定期自動スキャン

スケジュールスキャン機能では、あらかじめ設定した周期ごとにネットワーク内のスキャンを実行します。インベントリ情報収集を自動化できるので、手作業でIT資産情報を更新する手間を簡略化できます。

【定期自動スキャン】