インシデントデータのアーカイブでツールのパフォーマンスを維持

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

データのアーカイブ

データのアーカイブでツールのパフォーマンスを維持

ServiceDesk Plusのデータアーカイブ機能は、利用されなくなった過去のリクエスト情報をあらかじめ設定した条件にしたがって自動でアーカイブします。データをアーカイブすることで、データベース内の情報量を軽量化し、リクエストデータの検索にかかる速度やアプリケーションのパフォーマンスの維持に貢献します。

自動アーカイブ

コンフィグレーションウィザードよりアーカイブしたいデータの条件や自動アーカイブを実行する時刻を設定します。自動アーカイブは指定の時刻に毎日実施され、リクエストがアーカイブするデータの条件と一致すると、該当するリクエストは過去の記録としてアーカイブ化されます。

【ServiceDesk Plusのデータアーカイブ設定画面】【ServiceDesk Plusのデータアーカイブ設定画面】

アーカイブするリクエストの条件と例外設定

アーカイブするデータの条件はリクエストの作成日時/完了日とステータスです。また、条件に一致するリクエストであってもアーカイブしたくないものがあれば、例外条件を設定できます。たとえば、リクエストのステータスが「Closed」で「完了日」が「1年」よりも前のデータのみアーカイブするとき、「優先度」が「高」のリクエストはアーカイブから除外する、といった設定ができます。