IT資産の購買管理をサービスデスクツールで実現するメリット

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

IT資産の購買管理とは?

IT資産の購買管理とは、IT管理部門・IT管理者もしくは購買管理部門・購買担当者が、購買活動を滞りなく進行するために、 個別の注文を管理する取り組みです。

購買管理には、購買活動の管理、注文書の管理、IT資産リストへの追加などの活動が含まれます。

資産を購入するうえで、購入先、発注、受け取り、納品、資産との紐づけなど、多くの活動をコンプライアンスに基づいて実施することが重要です。

ServiceDesk Plus 購買管理 購買管理
 

また、購買の手続きや購買・資産管理のデジタル化が遅れている現場では、以下のような課題が発生しているのではないでしょうか。

  • 購入申請から発注までの手配手順が属人的な対応になる
  • エクセルや紙の管理で付け合わせ作業が煩雑になる
  • 紙での注文書発行・送付に工数がかかる
  • 購入後の資産との紐づけに手が回らない

ManageEngineが提供するITサービスマネジメントツールは、これらの課題を解決し、よりスムーズな購買管理をサポートする機能を備えています。

Webベースの直感的に使いやすいインターフェースで、購買活動の整理・発注ミスの撲滅・ペーパーレスワークの推進を行います。

機能

  • 組織内の購買活動を明確化
  • 製品の基本情報、販売元、価格などを一元管理
  • 資産リストに購買済み資産を自動で追加
  • 購買注文書ごとに、送付先、請求先、承認者を指定
  • 購買注文書リストから、購買の傾向を確認

利点

  • 注文ごとに購買注文書を作成して重複注文を回避
  • 承認プロセスの明確化で発注ミスを軽減
  • PDF形式での購買注文書送付によりペーパーワークを削減
 
チャットで今すぐ
ご質問下さい!
 
チャットを開始
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •