ソフトウェア資産管理とライセンス違反の検知、買い過ぎ防止

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

ソフトウェア資産管理

ITサービスマネジメントツール「ServiceDesk Plus」のソフトウェア資産管理機能

インストールされているソフトウェアを自動検出

自動検出したソフトウェアリスト自動検出ソフトウェアリスト

ServiceDesk Plus は、組織内のネットワークをスキャンして自動的に各ワークステーションにインストールされているソフトウェアを検出します。この機能を利用することで、ネットワーク内でどのソフトウェアがどれだけインストールされているのかを容易に把握することができます。

ソフトウェアの分類

ソフトウェアタイプの変更ソフトウェアタイプの変更

金額を支払って購入したソフトウェアについては、それらのソフトウェアの効果的なライセンス管理が必要になります。ServiceDesk Plus では、自動検出したソフトウェアを「Freeware」、「Shareware」、「Open Source」、 「禁止」、「管理」、「除外」ソフトウェアなどに分類でき、効率的にソフトウェアライセンス管理が実行できます。

ソフトウェアライセンスの配分

ServiceDesk Plus を使用したITインベントリスキャンを実行すると、Microsoft Windows と Office のキーを自動的に検出します。 既に購入済みのライセンスキーに関しては、自動的にそれらのライセンスをディスカバリします。新たに購入したソフトウェアのライセンスキーについては、ServiceDesk Plus の購入モジュール機能を通して管理することで、ソフトウェアライセンスの管理を実行できます。

ソフトウェアコンプライアンスの保証

ServiceDesk Plus を使用すると、現在インストールしているソフトウェア数が購入したライセンスのソフトウェア数を超過しないよう簡単にインストールソフトウェアを追跡できます。インストール数が購入したライセンスのインストール数を超えた場合、自動的にソフトウェアライセンス違反の警告メッセージが表示されます。このようにして資産管理者はコンプライアンスを保証することができます。

ソフトウェアコンプライアンスの継続

誰もがネットワーク上にあるソフトウェアをインストールできるため、ソフトウェアコンプライアンスの違反も発生します。ServiceDesk Plus は、スキャンを定期的に実行してソフトウェアコンプライアンスを定期的に監視し、違反が発生した場合はメール通知を使用してアラートを発生させます。ソフトウェア違反アラートは資産管理者の迅速な対応を可能にし、継続してソフトウェアコンプライアンスを保証します。

ソフトウェアコンプライアンスの保証

ServiceDesk Plus ソフトウェア情報ページソフトウェア情報ページ

ServiceDesk Plus は、購入したライセンスが認めるソフトウェアのインストール数と実際にインストールされているインストール数を追跡することで、ソフトウェアラインセスコンプライアンスを保証します。また、ワークステーションのスキャン時に使用を禁止しているソフトウェアのインストールを検出したら自動的にアラートを発生させることも可能です。

ソフトウェア使用頻度の追跡

ServiceDesk Plus がネットワークスキャンによってインストールされているソフトウェアを検出すると、そのソフトウェアがユーザーによってどの程度使用されているのか、その使用頻度を表示します。またソフトウェアの使用頻度をレポートとして作成することも可能で、資産マネジャーはライセンスの更新対象ソフトウェアや購入するライセンスの必要度合いを決定する判断材料として活用することができます。