ニュース

ニュース

プレスリリース

「ManageEngine ServiceDesk Plus」9.1 リリース

インシデント登録フォームにスクリプト機能を追加
ITIL準拠ITサービスマネージメントツール最新版リリース

2015年9月17日

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、ITILサービスデスク管理ソフトウェア「ManageEngine ServiceDesk Plus(マネージエンジン サービスデスクプラス、以下、ServiceDesk Plus)」の最新版 9.1の出荷を、2015年9月17日より開始します。

本リリースでは、インシデントやサービス要求の登録フォームのカスタマイズ機能を強化しています。フィールド間の依存関係や入力条件を定義し、正確かつ整合性のあるインシデントの登録を促します。ヘルプデスク担当者のインシデント・サービス要求の登録時間や、対応や問題の切り分け時間の削減に寄与します。その他、高可用性(ハイアベイラビリティ)を実現するフェイルオーバーオプションや、外部アプリケーションのカスタムクラスやスクリプトファイルを自動的に実行する機能を追加しています。

主な新機能および改良点

■ フィールド&フォームルール機能を追加

スクリプトによってフィールド間の依存関係を定義し、以下の使用例のように、入力情報の正確性を高めたり、特定の条件に当てはまる場合に適用するルールを設定したりすることが可能です。

例1)「都道府県」フィールドで「東京都」を選択すると、「支店名」フィールドに東京都内の支店のみを表示する。
例2)数値フィールドにおいて、特定の値未満が入力されている場合にエラーメッセージを表示する。
例3)優先度が「高」のインシデントが登録される場合、「インパクト情報」を必須入力項目に設定する。

フィールド&フォームルールの設定画面(図)フィールド&フォームルールの設定画面

■ 高可用性を実現するフェイルオーバーオプションを追加

ServiceDesk Plusサーバーを冗長化することで、プライマリーサーバーでネットワーク、ハードウェア、ソフトウェア、電源障害が発生した時に、サービスを継続して提供するためのフェイルオーバーオプションを追加しています。この機能を利用するには、オプションライセンスの購入が必要です。

■ 外部アプリケーションと連携するためのカスタムスクリプトを実行する機能を追加

外部アプリケーションとServiceDesk Plusを連携するためのリクエストカスタムメニューから、VBスクリプトやPython等のカスタムスクリプトを実行する機能を追加しています。

  • リクエストカスタムメニューからHTMLファイルのポップアップ、フォームの送信、およびカスタムスクリプトを実行する機能
    • リクエスト詳細情報のHTMLフォームへの引渡し
    • ユーザーインターフェースモードで、リクエストを外部アプリケーションと連携
  • 次の連携アプリケーションの実装サンプルを同梱
    • Active Directory ID管理ソフト「ManageEngine ADManager Plus」によるActive Directoryユーザーの作成
    • JIRA*1のチケット作成
    • ManageEngine Socail IT Plus*2の投稿を作成

■ Internet Explorer 11.xをサポート

*1 JIRA(ジラ) ・・・ Atlassian社が開発した課題管理ツール

*2ManageEngine Socail IT Plus ・・・ Zoho Corporationが開発した、IT担当者がディスカッションしたり、簡単かつ手早く記事や動画を共有したりするための掲示板を提供するサービス

製品および機能概要

ServiceDesk Plusは、効果的なITサービスマネジメントに不可欠なインシデント管理/問題管理/変更管理を一元化するコストパフォーマンスの高いITIL準拠のITサービスマネージメントツールです。サービスデスク業務を自動化するワークフロー機能や、ITサービスの継続的な改善に役立つカスタマイズ性の高いレポート機能を備えています。本製品は、高品質なITサービスの提供によるビジネスの発展を支えるITIL準拠のサービスデスク管理ツールとして、日欧米をはじめ、全世界10万社を超える企業に利用されています。主な機能は、インシデント管理、問題管理、変更管理、プロジェクト管理、CMDB、IT資産管理、購買管理、契約管理、ナレッジ管理、レポート作成機能などです。サーバーにインストールするパッケージソフトウェアのオンプレミス版とクラウド版の両形態を提供しています。

ライセンスと価格

ServiceDesk Plusのライセンス体系は、利用するオペレーター数に基づくライセンス体系です。この他のライセンスは、Webに公開している価格表をご覧ください。

ライセンス年間ライセンス
(年間保守サポート付、
消費税別)
通常ライセンス
(初年度保守サポート付、
消費税別)
Professional Edition¥213,000 ~¥527,000 ~
Enterprise Edition¥612,000 ~¥1,512,000 ~

製品情報

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。