クラウド環境における自動リソースプロビジョニング

アプリケーションパフォーマンス監視

しきい値違反に基づくクラウド環境の自動プロビジョニング

「クラウド環境の自動プロビジョニング」の活用メリット

  • 手作業が減り、ミスも工数も最小化でき、運用効率を大幅向上
  • 使われていないクラウドリソースを最大限活用
  • クラウド環境上の重要なアプリケーションやサーバーのリソース不足防止
  • しきい値違反をきっかけとするリソースの開始/停止/再起動を自動化

多くのビジネスアプリケーションは、物理サーバー、仮想化サーバー、クラウドが混在する複雑な環境下で稼動しています。クラウド環境は、本質的に動的な環境です。クラウドプラットフォームは、アプリケーションにITリソースを動的に割り当てます。また、リソースの消費レベルに応じて負荷を分散したり、電力コスト削減のために電力を動的に管理したりします。このような動的に変化する環境の安定した稼働を維持するには、サーバーも安定的に利用できる状態を維持できていることが求められます。しかしながら、手作業でこのプロセスを行っていては、時間がかかり、ミスも発生しやすくなります。

ManageEngine Applications Managerでは、しきい値を活用し、クラウド環境のプロビジョニングを自動化することが可能です。

Amazon EC2インスタンス監視Amazon EC2インスタンス監視

たとえば、TomcatサーバーやOracleアプリケーションサーバーでアクティブセッションの数が指定されたしきい値を超えた場合、Applications Managerが自動的にAmazon EC2インスタンスを開始/停止/再起動します。自動化され手作業が減る結果、運用効率が大幅に向上するだけでなく、使われていないクラウドリソースを再利用してリソースを最大限活用できます。

さらに、クラウド環境で稼動している業務上重要なアプリケーションやサーバーが、どのような場面でも、リソース不足に陥ることがないことも保証できます。Applications Managerに標準装備の、物理/仮想/クラウド環境に設置されたアプリケーション、サーバー、データベース等の監視機能と組み合わせると、この自動化の有効性がさらに高まります。