PostgreSQLが遅い原因を今すぐ監視して調査する方法

アプリケーションパフォーマンス管理

まずやるべきはPostgreSQLの情報収集

重要なアプリケーションやシステムのデータベースとしてPostgreSQLを使用している場合、PostgreSQLで発生する障害やパフォーマンスの低下が、関連するサービスに影響を与えます。管理者はサービスやシステムの停止やパフォーマンス低下を防ぐため、PostgreSQLのパフォーマンスを把握する必要があります。

データベースの監視として代表的な項目としては、以下のような、データベース性能を表す項目が例として挙げられます。

  • データベースの応答時間
  • キャッシュバッファヒット率
  • 実行されたクエリ
  • ロック回数

アプリケーションやシステムの利用状況によっては、データベース監視すべき項目が増える場合があります。

確認すべき箇所が多いアプリケーションのトラブル対応は、とても難しい課題と言えます。アプリケーションをとりまく各セクションの担当者にヒアリングする必要もあり、原因特定までのプロセスが煩雑になりがちです。PostgreSQLのパフォーマンス低下対策のためにチューニングを実施する場合も、どこがパフォーマンス低下の原因であるかを短期間で特定することは容易ではありません。

そこで求められるのが「監視」です。

PostgreSQL監視を今すぐ簡単に実現できるツール

この課題を解決するため、多くのアプリケーション管理者が監視をツールで行い、停止や遅延の対策を実施しています。ManageEngineが提供するApplications Managerもそのひとつです。PostgreSQLの監視を自動化し、稼働状況や、ディスク使用率・クエリ実行状況、ロックの状況、データベーステーブルサイズなどのパフォーマンスを自動で取得し、簡単に可視化できます。

ダウンロードページはこちら [ 5モニターまではずっと無料 ]

例えば、パフォーマンス低下対策のためにチューニングを実施する場合も、どこがパフォーマンス低下の原因であるかをグラフで簡単に特定できます。
PostgreSQLに問題が発生した場合に、即座に管理者にメールで通知し、問題発生と同時にサービスやサーバー再起動、プログラムの実行等の対応自動化を実現することも可能です。

インストールから可視化まで1時間以内

[PostgreSQL データベースサーバー監視 (スナップショット画面)][PostgreSQL データベースサーバー監視 (スナップショット画面)]

 

  • Applications Managerを使用して、サーバー・アプリケーションサーバー・データべース・ERP・Webサービス・Webトランザクションを監視します。
  • 監視追加後に自動でグラフが作成されます。作りこみの必要がありません。すぐにパフォーマンスのボトルネックを発見できます。
  • データベース監視により、PostgreSQL データベースサーバーの可用性とパフォーマンスを維持します。
  • 自動で24時間365日データベースを監視し、問題が発生した場合はすぐお知らせします。タウンタイムを短縮し、エンドユーザーの満足度を向上します。
  • エージェントレスで監視するため、設定や管理が容易です。監視対象に影響を及ぼしません。

PostgreSQL監視項目

  • CPU、メモリー、ディスク使用量
  • クエリ統計
  • バッファー統計
  • ロック統計
  • 接続統計
  • テーブルレベルスキャン詳細
  • ディスク使用量詳細
  • トランザクション詳細
  • インデックススキャン詳細
[PostgreSQL バッファー統計グラフ (スナップショット画面)][PostgreSQL バッファー統計グラフ (スナップショット画面)]
[PostgreSQL クエリ統計グラフ(スナップショット画面)][PostgreSQL クエリ統計グラフ(スナップショット画面)]
[PostgreSQL インデックススキャングラフ(スナップショット画面)][PostgreSQL インデックススキャングラフ(スナップショット画面)]
 

ダウンロードページはこちら [ 5モニターまではずっと無料 ]

アプリケーション独自のデータベースクエリを監視

Applications Managerのクエリ監視機能で、PostgreSQLのSQLクエリのパフォーマンスを監視できます。クエリの応答時間とデフォルトのパフォーマンス統計に加え、カスタマイズしたデータベースのテーブルを監視可能です。

詳細はデータベースクエリ監視の紹介ページをご覧ください。

関連機能