Microsoft SQL Server(MS SQL)の性能やパフォーマンス、可用性を監視

アプリケーションパフォーマンス監視

SQLレポート、アラーム、ダッシュボードを活用して Microsoft SQL Server (MS SQL) 監視

Microsoft SQL Server (MS SQL) の効率的な監視で、管理が簡単に

Applications Manager はエージェントレスで MS SQL サーバーを管理します。生産データベースの可用性とパフォーマンスを監視し、データベースサーバーの効果的な稼働を維持します。

[MS SQL データベースサーバー 監視][MS SQL データベースサーバー 監視]

Applications Managerは、Webブラウザー上から MS SQL サーバーを可視化できる、監視ソフトです。詳細な監視データから、使用量のパターンの決定、キャパシティプランニング、障害の事前の検知ができます。根本問題を分析する機能も備えており、パフォーマンスの問題の素早い解決の助けとなります。アラームの優先度付けに効果的な、グルーピング機能も備えています。

サポート対象の MS SQL Server のバージョン

  • MS SQL 2000
  • MS SQL 2005
  • MS SQL 2008
  • MS SQL 2012
  • MS SQL 2014

監視対象の MS SQL データベースの属性

  • メモリー使用量
  • バッファーマネージャー統計
  • 接続統計
  • キャッシュ の詳細情報
  • ロック の詳細
  • SQL 統計
  • Latch の詳細情報
  • アクセスメソッドの詳細情報
  • データベースの詳細情報

SQL Server 監視機能

  • MS SQL のパフォーマンスと可用性を管理します。
  • メモリー使用量、バッファーマネージャー統計、接続統計、キャッシュの詳細情報、SQL 統計などのパフォーマンスの統計データを監視します。これらの属性に対し、アラートを設定できます。
  • 設定されたしきい値に基づき、通知、およびアラートを生成し、自動的にアクションを実行します。
  • パフォーマンスを可視化したグラフやレポートを簡単に出力できます。可用性、ステータス、接続時間によるグループ化にも可能です。