動作環境/システム要件

NetFlow・sFlow対応 フローコレクター

Windows/Linux/CentOSにも対応!簡単フローコレクター

ManageEngineが提供するNetFlow Analyzerは、NetFlow・sFlowに対応したフローコレクターです。運用に乗せやすいシンプルで分かりやすい管理画面が特長で、誰でも簡単にドリルダウンしながらネットワーク輻輳の原因となっている通信をIPアドレス単位で特定できます。

ツールについて詳しく知りたいという方はこちら

製品概要資料製品紹介セミナー無料評価版

インターフェースを流れる通信のアプリケーション毎の内訳

インターフェースを流れる通信のアプリケーション毎の内訳

 

 

ハードウェア条件

起動するのに最低限必要なハードウェアは次のとおりです。

OSCPUメモリーハードディスク空き容量オペレーティングシステム
Windows Pentium 4 プロセッサー、2.4 GHz4 GB10 GB64bit
LinuxPentium 4 プロセッサー、2.4 GHz4 GB10 GB64bit

サーバーサイジング

1.フローレート(1秒当たりに受信するフローデータ数) とインターフェイス数(IPグループ含む)
に応じてメモリ、CPU、ディスク容量のサイジングを行います。
2.フローレートは本製品評価版のレポートで確認できます。3.ハードウェア選定の際は実環境にて評価することを推奨いたします。
保持データの詳細はナレッジ運用設計上の注意をご覧ください。

インターフェース数とサイジングの目安

インターフェース数HDD容量
15120GB
25130GB
50150GB
100200GB
250250GB
500600GB
750850GB
10001,100GB

フローレートによるサーバースペック

フローレート[個/秒]CPUメモリー
0~3,0002.4 GHz Quad Core Processor 以上4 GB 以上
3,000~6,0003.2 GHz Quad Core Processor 以上6 GB 以上
6,000~9,0003.2 GHz Quad Core Processor 以上8 GB 以上
9,000~10,0003.2 GHz Quad Core Processor 以上16 GB 以上
10,000~100,0002 x 3.2 GHz Quad Core Processor 以上48 GB 以上

ローデータを保持した場合のサイジング目安 ※1

フローレート[個/秒]HDD増加量 / 1日 ※2
0~3,00075GB
3,000~6,000150GB
6,000~9,000225GB
9,000~10,000250GB
10,000~100,0002TB

※フローレートが10,000以上の場合、高性能レポートエンジンオプションをご利用ください。

※1.フローレートにより変動があります。実環境での検証を推奨しています。

※2.保持可能最大期間は30日です。

※2.HighPerf(高性能レポートエンジン)アドオン を用いた場合、ローデータ保持可能最大期間が1年となります。また、データが圧縮されて保存されるため、消費するディスク容量が少なくなります。圧縮率はデータにより変わるため、正確な値が必要な場合はご検証ください。

以下の資料も合わせてご確認ください。

運用設計上の注意点ハードディスク容量計算方法や、構築の留意点を紹介しています。
フローレートの推定フローレートの推定方法を紹介しています。
利用開始前のチューニングJavaとデータベースのチューニング方法の紹介です。

オペレーティングシステム要件(ビルド12300)

OS64bit
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7
CentOS 6
CentOS 7

※ Systemdでのサービス起動はサポートしていません。

Webブラウザー要件(ビルド12300)

ブラウザー名ビルド123000
Microsoft Edge
Firefox 最新版
Google Chrome 最新版