Active Directory監視(AD監視)

サーバー・ネットワーク統合監視

Active Directory監視

AD監視によりダウンタイムを短縮

Active Directory監視の必要性

Active Directory(アクティブディレクトリ)は、Windowsサーバーに含まれるディレクトリサービスで、ネットワーク環境構築の識別と連携の管理手段を提供します。その性能がシステムに影響します。 経験豊かな管理者は、Active Directoryを24時間体制で監視する必要性を感じています。障害発生前に問題を検知し、潜在的なネットワーク問題を修復するのでユーザーは重要なサービスにアクセスすることができます。プロアクティブな監視は、管理者が環境を制御し維持するのに役立ちます。

システム性能監視

システム性能監視

Active Directory監視のメリット

  • エージェントレス監視
  • Active Directoryの問題をすばやく検出
  • 障害箇所の特定
  • リアルタイムアラート通知 - Active Directoryサービスの実行に影響する問題を事前に検知
  • Active Directoryのダウンタイムの最小化
  • Active Directoryサーバーの稼働状況を的確に把握

Active Directory監視機能

Active Directory サービス監視

Active Directory サービス監視

Active Directory サービス監視

Active Directoryは、重要なサービスによって適切に稼動します。Active Directoryの可用性を保障するために、これら重要なサービスを監視します。Active Directory監視では、次の重要なサービスを監視します。これらのサービスが利用できなくなると、Active Directoryサーバーは重要なタスクを実行できなくなります。

  • コンピューターがSMBプロトコルベースのネットワーク上で、他のコンピューターとの接続を可能にするサーバーサービス
  • サーバー間でのファイルディレクトリコンテンツのファイルの同期を保つファイル複製サービス
  • DNS名の解決発見をするDNSクライアントサービス
  • セキュリティアカウント管理のサブシステムがリクエスト受信する他のサービスに通知するセキュリティアカウント管理サービス
  • サイト間のメールベースの複製に使用されるサイト間メッセージサービス
  • Kerberos5自動プロトコルを使用したネットワークへのログオンを可能にするKerberoキー配信センターサービス
  • ドメインのアカウントログオンにパススルー認証をコンピューターに対してサポートするネットログオンサービス

ドメインコントローラー監視

ドメインコントローラーは、Active Directory環境の特定機能において実行されます。 これら特定ロールには、PDCエミュレーターや、インフラストラクチャマスター、RIDマスター、ドメインネーミングマスター、スキーママスターが含まれます。 OpManagerのActive Directory監視は、ロールを特定し、効率的にネットワーク上のサーバーに割り当てます。

Active Directoryシステム性能監視

Active Directoryは、WMIを使用したProcessor Queue同様のCPU、メモリー、ディスク使用率監視を追加できます。 CPU、メモリー、ディスク使用率の統計グラフではリアルタイムデータも、履歴データも表示できます。 管理者が設定したしきい値超過によるアラート通知により、装置の停止を予防できます。 また、システム上の無数のプロセスやサービスも把握することができます。

重要なプロセス、カウンタ、Active Directoryストアの監視

Active Directoryは重要なLSASSと NFFRSプロセスの監視を追加できます。 監視されるパラメーターは、CPU使用法、物理RAM、ファイルリード&ライト、キャッシュヒットなどを含みます。

Active Directory NFFRSプロセスの監視

Active Directory NFFRSプロセスの監視