サーバー監視とは?ツールで簡単に実現する方法

サーバー・ネットワーク統合管理ソフト

サーバー監視とは?

サーバー監視とは一般的に、

  • サーバーの起動状態
  • サーバーの起動時間
  • サーバーOSのCPU・メモリー・ディスク使用率などの基本的なパフォーマンス
  • 稼働しているサービスやプロセスの状態

などを監視し、把握することを指します。

サーバー監視は、サーバー管理の基本的な作業の1つです。重要なサーバーは、常時、サーバー管理者がステータスを監視する必要があります。

サーバーのステータスを可視化

サーバー監視は現状把握だけでは不十分

サーバー監視のゴールは、サーバーやその上で動作するサービスやアプリケーションの問題を減らし、サービスを安定して提供し続けることです。そのためには、サーバー管理者は、サーバーやサービスに障害が発生したことをいち早く知る必要があるほか、障害が発生する前に事前にその原因を取り除くことが重要です。

サーバーのパフォーマンスを確認する場合、OS標準機能のパフォーマンスモニターやコマンドの活用が考えられます。しかし、手間がかかる上、現状把握を目的に提供されているツールのため、障害の予兆検知には不向きと言えます。

また、サーバーにはWindows Server、Linux、Unixなど多くの種類があり、複数種類のサーバーで構築されている環境も少なくありません。各サーバーではパフォーマンスを確認する方法が異なるため、サーバーごとにパフォーマンスを確認するのは骨の折れる作業であり、とても効率的とはいえません。

そのため、一般的にサーバー管理者は監視ツールの導入を検討します。

サーバー監視を今すぐ簡単にはじめられるツール

ManageEngineが提供するOpManagerも、効率的なサーバー監視を実現するためのツールのひとつです。

OpManagerではサーバー監視にSNMP・WMI・Telnet・SSHを使用し、Windows Server、Linuxサーバー、Unixサーバーなどを、OSの種類を問わず、マルチベンダーのサーバーをエージェントレスで一元管理できます。

サーバーに障害が発生した場合にはすぐに検知して管理者に通知します。サーバー管理者は、洗練された操作しやすいUI上から、リアルタイムにサーバーの可用性や性能を把握し、ワンクリックでグラフやレポートを出力することができます。

OpManagerでサーバーを監視するメリット

  • SNMP、WMI、Telnet、SSHによりWindows Server・Linux・Unixなどマルチベンダーサーバー可用性の情報を簡単取得
  • リアルタイムにサーバーの可用性や性能の統計データを表示
  • しきい値を設定し、大きな障害が発生する前にサーバー管理者に通知

サーバーの性能監視(CPU使用率、メモリー使用率、ディスク使用率)

CPU使用率、メモリー使用率、ディスク使用率を監視し、ディスク容量の低下や、CPUの使用率の上昇を検知してサーバー管理者に通知します。プロアクティブに障害に対応、サーバーのダウンタイムを最小に抑えることができます。OpManagerが自動的に作成するレポートから、CPUやメモリー使用率の高いサーバーを特定することもできます。また、サーバーのパーティション単位のディスク使用率に関するレポートも作成することが可能です。

詳細は CPU、メモリー、ディスク監視を参照してください。

サーバーのスナップショットサーバーのスナップショット

ファイル/フォルダー監視

OpManagerのサーバー監視は、サーバー内のフォルダーやファイルを監視する機能を備えています。ファイルやフォルダーの削除、更新を監視し、サイズ等が設定した値を超えた場合に、管理者に通知します。

詳細は ファイル監視とフォルダー監視を参照してください。

フォルダー監視(条件設定)フォルダー監視(条件設定)

Active Directory監視

Active Directory監視機能は、次のパラメーターの監視に対応しています。

  • MTA 送信失敗
  • メール送信時間
  • 配信待ちメール

詳細は Active Directory監視を参照してください。

Acive Directory監視Active Directory監視

Microsoft Exchange サーバー監視

Microsoft Exchange監視機能は、Microsoft Exchange Server の重要なパラメーターの監視に対応しています。適切なMicrosoft Exchange Server の可用性やパフォーマンスの維持に役立ちます。MS Exchange Server 2000 / 2003 / 2007 / 2010 に対応しています。

  • 接続統計
  • メッセージキュー統計
  • 未配信統計
  • メッセージサイズ
  • 送信失敗レポート

詳細は Microsoft Exchange サーバー監視を参照してください。

Microsoft Exchange サーバー 監視Microsoft Exchange サーバー監視

サービス監視

  • サーバーのサービスの応答時間を統計表示
  • HTTP、HTTPS、FTP、SMTP、POP、IMAP、LDAP、DNS などの標準サービスの他に、独自のTCP サービスを監視可能

詳細は サービス監視を参照してください。

監視対象のWindowsサービス一覧監視対象のWindowsサービス一覧

Windowsサービス監視

  • Windows サービスのステータスを監視
  • サービス障害時には自動的に起動処理を実行可能

詳細は Windows サービス監視を参照してください。

Windowsサービス監視Windowsサービス監視

プロセス監視

プロセス監視機能は、検出した装置で実行しているプロセスを、ネットワーク管理者がリモートから監視・管理することができる機能です。OpManager は、SNMP、WMI、Telnet/SSH などを通して、Windows、Linux、Solaris、Unix、HP UX、IBM AIX、VMware ESX サーバー上などで実行しているプロセスを監視します。

詳細は プロセス監視を参照してください。

プロセス監視プロセス監視

URL監視

  • URL の障害、応答時間を監視
  • HTTP、HTTPS をサポート、自動認証の設定も可能
  • メンテナンス時間の設定による監視時間のスケジューリングが可能

詳細は URL監視

URL監視 応答時間監視URL監視 応答時間監視

スクリプト監視

OpManagerに標準で装備されている監視項目に加えて、様々なサーバーのデータを収集することができます。Windows PowerShell、Linux シェルスクリプト、VBScript、Python、Perlといったスクリプトに対応しています。

詳細はスクリプト監視を参照してください。

プロセス監視スクリプト監視テンプレートの編集

ログファイル監視

Oracle、SAP、 ERP、IISなど、あらゆるアプリケーションが生成するログファイルを監視します。

詳細はログファイル監視を参照してください。

ログファイル監視の設定ログファイル監視の設定

関連動画

 
チャットで今すぐ
ご質問下さい!
 
チャットを開始
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •