ファイルやフォルダーの監視を簡単に実現する方法とは?

サーバー・ネットワーク統合監視

ファイル監視とは? フォルダー監視とは?

ファイル監視、フォルダー監視は、指定したファイルやフォルダーに対し、以下のような監視を行うことを指します。

  • ファイル・フォルダーの有無
  • ファイル・フォルダーの更新
  • ファイル・フォルダーの未更新期間
  • ファイル・フォルダーのサイズ
  • フォルダー内に存在するファイル名
  • フォルダー内に存在するファイル数

ファイル・フォルダーを監視するメリット

システムやアプリケーションが稼働するサーバーは常に限られたリソースの中で稼働しています。アプリケーションやシステムが自動的、または定期的に出力するファイルやフォルダーを監視し、ディスク使用率の予期しない急激な増加や、ストレージ・サーバー内のファイルとフォルダーの急増を即座に検出できます。

また、システムの安全稼働のため、大事なファイルが意図せず変更されてしまうことを防ぐことが重要です。アプリケーションやシステムの出力ファイルの更新を監視することで、意図しない書き換えを検知し、システムの整合性維持に役立ちます。

しかし、サーバー内に存在する無数のファイルやフォルダーを人力で監視するのは現実的ではありません。

ファイル監視・フォルダー監視を簡単に自動化するツール

そのため、多くの管理者がファイルやフォルダーの監視をツールで自動化しています。ManageEngineが提供するOpManagerも監視を自動化するツールのひとつです。OpManagerは、重要なシステムやアプリケーションが稼働するサーバーのファイルやフォルダーの監視を自動化します。悪意のある、あるいは不注意によるファイルやフォルダーの変更・更新や削除、移動などを迅速に把握できます。また、ファイルやフォルダーのサイズの変化を可視化し、リソースを計画的に管理できます。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

ファイル監視

ファイル監視機能を利用して、重要なシステムファイルの変更などを追跡します。変更があった場合は、アラートを発生させて管理者に通知できます。不適切なファイルの変更への迅速な対応を支援します。

※ アプリケーションやシステムのログファイル監視については、「ログファイル監視」をご参照ください。

OpManagerでは、ファイルに関する次の項目を監視できます。

ファイルサイズファイルサイズの増減を監視します。
ファイルの有無ファイルの有無を監視します。
ファイルの未更新期間ファイルの未更新期間を監視します。
ファイルの変更ファイルの更新や変更の有無を監視します。
ファイル監視

ファイル監視のしきい値設定

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

フォルダー監視

ファイル監視同様に、フォルダーのサイズやフォルダー内のファイルの数などを監視できます。変更があった場合にアラートを発生させ、メールなどで通知することが可能です。ワイルドカードを用いると、フォルダー内のすべてのファイルにフィルタをかけることができ、繰り返し設定する手間を省きます。OpManagerでは、フォルダーに関する次の項目を監視できます。

フォルダーサイズフォルダーサイズの増減を監視します。
フォルダーの有無フォルダーの有無を監視します。
フォルダーの変更フォルダーの更新や変更の有無を監視します。
ファイル名フォルダー内の指定した文字を含むファイル名をもつファイルの有無を監視します。
ファイルサイズフォルダー内のファイルサイズを監視します。しきい値を設定することも可能です。
ファイルの未更新期間フォルダー内のファイルの未更新期間を監視します。
ファイル数フォルダー内のファイルの数を監視します。しきい値を設定することも可能です。
フォルダー監視の条件設定:ファイルサイズ
フォルダー監視の条件設定;ファイル数

フォルダー監視のしきい値設定

設定方法(動画)

ファイル監視・フォルダー監視の設定方法を動画で紹介します。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら