Microsoft Exchangeサーバー監視

サーバー・ネットワーク統合監視

Microsoft Exchangeサーバー監視Microsoft Exchangeサーバーの可用性やパフォーマンス監視

Exchange Server監視の必要性

今日のビジネスの世界では、メールシステムは必要不可欠です。 経験を積んだ管理者は、Exchange Serverを24時間監視する重要性を理解しています。障害から短時間で復旧してダウンタイムを最小化するだけでなく、各コンポーネントの状態を把握し、潜在的な問題やパフォーマンス低下を事前に検知してサーバーダウンを予防しすることにより結果的に運用管理コストを抑えることができるからです。

Exchange Server監視のメリット

  • Exchange Serverの問題を早期に検出
  • 障害発生箇所の特定
  • Exchange Serverのダウンタイムの最小化
  • Exchange Serverの稼働状況を的確に把握

Exchange Server監視機能

Exchangeサービスの監視

MS Exchange サーバーのサービス監視MS Exchange サーバーのサービス監視

Exchange Serverでは複数の重要なサービスにより動作しています。Exchangeの可用性を保障するためには、これらのサービスの監視が必要です。Exchange監視では、以下のサービスを監視できます。これらのサービスが利用できなくなると、Exchangeサーバーは重要なタスクを実行できなくなります。

  • ネットワーク上に電子メールを配信するSMTP
  • Microsoft Exchagne情報ストレージを管理するExchangeインフォメーションストア(IS)
  • Microsoft Exchange X.400サービスを提供するMTA Stack
  • Microsoft Exchangeのルーティング情報を処理するExchange Routing Engine
  • Microsoft Exchangeサービスに関するシステムを提供するExchange System Attendant

インフォメーションストアの監視

Exchangeのインフォメーションストア(IS)は、特定のExchangeサーバードメイン内のメールリクエストを処理します。 ISスレッドが、アクティブディレクトリサービス内のSID(セキュリティ識別子)のルックアップに長時間かかる問題や、ISが断続的に無応答となる問題が発生することがあります。 しきい値を設定し、ISを継続的に監視することで、このような問題の発生を防ぐことができます。

Exchange監のインフォメーションストア監視Exchange サーバーのインフォメーションストア監視

キューと接続の監視

接続のキューや、アクティブコネクション数の増加は障害の指標となります。 キューの増加はExchange Serverがスパムからの攻撃を受けていることを示している可能性があります。 Exchange Serverに異常が発生し、接続の終了に失敗すると、接続数も増加します。 大量のキューや接続数により、Exchange Serverのパフォーマンスに影響を及ぼすこともあります。 そのため、キューや接続を監視することにより、このようなボトルネックを早期に検知することができます。 OpManagerのExchange Server監視では、しきい値を設定して障害発生前に通知することで、このようなボトルネックの検知を支援します。

Microsoftベストプラクティス - しきい値設定

Exchange監視では、監視の必要のある60以上のパラメーターを標準でサポートしています。 また、いくつかの監視項目では、マイクロソフト推奨のベストプラクティスにしたがって、あらかじめしきい値を設定しています。 この値で監視開始し、その後、実際の運用に合わせて調整していきます。