Windowsサービス監視

サーバー・ネットワーク統合監視

Windows サービス監視Windowsサービス監視をエージェントレスで実現

Windowsサービス監視はなぜ重要なのでしょうか?

Windows OS上で稼動するアプリケーションの多くは、Windowsサービス、すなわち、ユーザーとの直接のインターフェースなしログオンユーザーなしのバックグラウンドプロセスです。通常、これらのサービスは、自動的に開始され、常時、稼動しなければなりません。このような重要なサービスに障害が発生すると、多くのユーザーや外部サービスに直接影響するため、サービスの継続的な稼動を保証することは必須の要件です。

WMIを使用した、エージェント不要なWindowsサービス監視機能

Windowsサービス監視設定Windowsサービス監視

OpManagerは、ローカルまたはリモートに関わらず、Windowsサービスを監視できます。Windowsサービスの監視にWMIを使用しているため、各リモートマシンにエージェントをインストールする必要はありません。OpManagerでエージェントを使用する機能は、ログファイル監視のみです。

自動アクション

監視対象のサービスに障害が発生した場合、OpManagerは自動的に次のアクションのいずれかを実行することができます。

  • サービスの再起動
  • マシンの再起動
  • システム管理者へのアラート通知

重要なWindowsサービス監視を標準でサポート

Windows HTTP、LDAP、SMTPなどのシステムレベルサービスのほかに、次のWindowsサービスの可用性や応答時間の監視を標準でサポートしています。

AlerterイベントログMessengerRPC
DHCPサーバーFTPMySQLTelephony
DNSサーバーIASNet LogonTelnet
Disk ManagerIISPrint Spooler 

Windowsサービス監視の設定動画【NEW】

Windowsサービス監視の設定方法を紹介します。