SNMP 監視

標準MIBもプライベートMIBも監視できるSNMP 監視ソフトのOpManager

SNMPでサーバー・ネットワーク監視

ネットワーク監視を行うためのプロトコル「SNMP (Simple Network Management Protocol)」を用いて、ルーター、スイッチなどのネットワーク機器や、Windows/UNIXなどサーバーのリソース、パフォーマンス、トラフィックなど、パフォーマンス情報を監視できます。SNMPの管理情報は、「MIB (Management Information Base)」ファイルに定義されています。MIBには、RFCで規定されたMIBである「標準MIB」とベンダーが独自に機器固有の管理項目を公開している「プライベートMIB」の2種類があります。OpManagerは、標準MIBはもちろん、カスタム項目を含むプライベートMIBも監視可能です。プライベートMIBを監視項目として追加する場合は、装置テンプレートから設定します。きめの細かい監視を実現します。

WMIやSNMPを使用した装置の追加

SNMP認証などを使用した装置の追加

SNMPで監視できる主な項目】

MIB ブラウザー

MIB ブラウザーは、ネットワーク機器のSNMPの応答をテストできる、使い勝手のよいSNMPネットワークツールです。OpManagerから管理対象の装置上で動作するSNMPエージェントにSNMPリクエストを送り、その応答を表示します。

MIB ブラウザーMIB ブラウザー
  • 標準MIBや企業MIBに対しての Get、GetNext、Setの実行
  • SNMP OIDのグラフ表示
  • SNMPのトラップ表示
  • SNMPパケットのデバッグ