MIBとは?SNMP監視を簡単に実現する方法

サーバー・ネットワーク統合管理ソフト

MIBを語る前に、SNMP監視とは?

SNMP監視とは、プロトコルの1つであるSNMPを活用した監視手法です。

SNMP(Simple Network Management Protocol)とは、ネットワーク内に存在する装置の状態を監視することを目的につくられたプロトコルで業界標準の規格です。各ベンダ共通の規格なので、サーバーやルータの種類を問わず利用可能です。

SNMPでは、監視対象の装置にSNMPエージェントと呼ばれるサービスを利用します。一方で装置の監視用サーバにSNMPマネージャーを設置し、SNMPエージェントが送信する装置の情報をSNMPマネージャーで一元管理します。

SNMPエージェントが持つMIB(Management Information Base)に装置の情報が格納されており、このMIBをSNMPマネージャーとやり取りすることで監視対象の装置の情報を取得します。

MIBとは?

MIBとは、SNMPエージェントで保持されている監視対象の設定・状態について蓄積したデータのまとまりを指します。

MIBは木構造で定義されており、データ要求時にOID(Object IDentifier)を指定することにより、必要な監視項目の値を取得できます。各ベンダーの機器で共通して利用できる標準MIBのほか、ベンダーが自社製品の機器に独自に設定する拡張MIBも存在します。

SNMP監視においては、SNMPマネージャーがSNMPエージェントの持つMIB情報を参照することで、対象機器の状態を監視・確認します。

SNMP監視の利点

SNMPは世界規模で業界基準の規格であるため、機器のベンダーに左右されず利用することができます。監視対象の機器にツール依存のエージェントをインストールする必要がないなど、監視を始めるための設定が簡単です。

またベンダーが独自に定義した拡張MIBを利用すれば、そのベンダー機器特有の監視項目もSNMPを通して確認することができます。ベンダーの差異による利用の障壁がない一方で、監視の多様性が確保されてることもSNMP監視の利点の1つです。

SNMP監視を簡単に始められるツール

ManageEngineが提供するOpManagerもSNMPマネージャーとして利用できる監視ツールのひとつです。SNMP監視のほかにも、様々な監視機能を搭載しています。

ダウンロードはこちら    |    概要資料はこちら

OpManagerはSNMPを用いてルーター・スイッチなどのネットワーク機器やWindows/UNIXなどサーバーのリソース・パフォーマンス・トラフィックなどのパフォーマンス情報を監視します。

標準MIBはもちろん、カスタム項目を含む拡張MIBも監視でき、状態の詳細な把握が可能です。

WMIやSNMPを使用した装置の追加

SNMP認証などを使用した装置の追加

SNMPで監視できる主な項目

MIB ブラウザー

MIB ブラウザーは、ネットワーク機器のSNMPの応答をテストできる、使い勝手のよいSNMPネットワークツールです。OpManagerから管理対象の装置上で動作するSNMPエージェントにSNMPリクエストを送り、その応答を表示します。

MIB ブラウザー

MIB ブラウザー

MIB ブラウザーの機能一覧

  • 標準MIBや企業MIBに対しての Get、GetNext、Setの実行
  • SNMP OIDのグラフ表示
  • SNMPのトラップ表示

ダウンロードはこちら    |    概要資料はこちら