WMI監視を簡単に実現する方法

サーバー・ネットワーク統合管理ソフト

WMIとは?

WMI(Windows Management Instrumentation)は、Windows OSを管理することを目的にMicrosoftが開発した技術です。WMIを活用することで、Windowsシステムの状態を示す情報を取得できます。

ネットワークの管理を簡単に実現するために開発された技術であるSNMPと比較すると、Windowsサーバーの管理を簡単に実現するために特化した技術がWMIとわかりやすいかもしれません。WMIはシステムの監視を目的に活用されることが多く、SNMPと併用することもあります。

WMI監視で取得できる項目

WMIで取得できる情報には、SNMPで取得できる項目もあれば、SNMPでは取得できない、Windowsのより詳細なパフォーマンス項目や設定値などがあります。WMIで監視できる項目は、例えば以下のものがあります。

リソースCPU使用率・メモリー使用率・ディスク使用率など
WindowsサービスWindowsサービスの起動状態など
プロセス起動しているプロセス・引数など
Windowsイベントログ発生した監査ログ・アプリケーションログなど
ファイル、フォルダーサイズ・フォルダーの中のファイル数・更新日時など
ログファイル文字列検索など
Hyper-V仮想マシンの起動状態など
Active Directoryサービスの起動状態・システムパフォーマンスなど
MS Exchangeサービスの起動状態・インフォメーションストア・キューなど
MS SQL Serverデータベースサイズ・トランザクションロックなど

WMIをコマンドで利用するのは難しい・非効率

WMIで情報を取得する方法は、コマンドプロンプトやWindows PowerShellでコマンド「wmic」を使用します。例えば、WMIを使用してCPU使用率を取得するためのコマンドは以下の通りです。

Get-WmiObject Win32_PerfFormattedData_PerfOS_Processor | Select Name,PercentProcessorTime

WMIをコマンドで利用するためには、多数あるWMIのクラスの中から、監視したい適切なクラスを発見する必要があり、難易度が高いと言えます。

監視の目的は万が一障害が発生した場合の対応の迅速化です。問題を認識してからコマンドで調べるような状況では、障害による損失は大きくなるばかりです。 そのため、多くの管理者はツールを導入し、WMIを手間なく活用してシステムの監視を実施しています。

WMI監視を簡単に実現するツール

ManageEngineが提供するOpManagerは、WMIやSNMPにも対応した監視を簡単に自動化できるパッケージソフトウエアです。特に可視化機能に強く、誰が見てもネットワークやシステムの異常を瞬時に把握できる管理画面を提供します。

10分でサーバー監視構築 無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

前述に示した主な監視項目はOpManagerでも取得しており、取得したデータをグラフ化、異常な値が出た際に管理者に通知できます。また、スクリプトを作成して監視項目をカスタマイズすることも可能です。

WMIを使用したリソース監視

WMIを使用したリソース監視(装置のスナップショット画面)

※OpManagerをLinux系OSにインストールする場合、WMI監視機能は利用できません。詳細は ナレッジベースをご参照ください。

関連機能

  • リソース監視
    CPUやメモリなどを監視するリソース監視機能について紹介しています。
  • プロセス監視
    Windowsサーバーのプロセスを簡単に監視する方法を紹介しています。
  • Hyper-V監視
    仮想化環境のHyper-Vのホストや仮想マシンを簡単に管理する方法を紹介しています。 

10分でサーバー監視構築 無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

 
チャットで今すぐ
ご質問下さい!
 
チャットを開始
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •