WMI監視を簡単に実現する方法

サーバー・ネットワーク統合管理ソフト

WMIとは?

WMI(Windows Management Instrumentation)は、Windows OSを管理することを目的にMicrosoftが開発した技術です。WMIを活用することで、例えば、Windowsシステムの状態を示す情報を取得することができます。

ネットワークの管理を簡単に実現するために開発された技術がSNMPなら、Windowsサーバーの管理を簡単に実現するために開発された技術がWMI、そう考えるとわかりやすいかもしれません。WMIはシステムの監視を目的に活用されることが多く、SNMPと併用することが少なくありません。

WMI監視で取得できる項目

WMIで取得できる情報には、SNMPで取得できる項目もあれば、SNMPでは取得できない、Windowsのより詳細なパフォーマンス項目や設定値などがあります。WMIで監視できる項目は、例えば以下のものがあります。

コマンドで情報を収集していては非効率

WMIで情報を取得する一般的な方法はコマンドプロンプトやWindows PowerShellです。しかし、監視の目的は万が一障害が発生した場合の対応の迅速化です。問題を認識してからコマンドで調べて四苦八苦というような状況ではその障害による損失は大きくなるばかりです。

そのため、多くの管理者がツールを導入し、WMIを活用していることをそれほど意識せずにシステムの監視を実施しています。

例えば、ツールを導入するとこの様に監視データを可視化できます。

WMI監視を簡単に実現するツール

ManageEngineが提供するOpManagerもSNMPだけでなく、WMIにも対応した監視を簡単に自動化できるパッケージソフトウエアです。特に可視化機能に強く、誰が見てもネットワークやシステムの異常を瞬時に把握できる管理画面を提供します。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

前述に示した主な監視項目はOpManagerでも取得しており、取得したデータをグラフ化、異常な値が出た際に管理者に通知できます。また、スクリプトを作成して監視項目をカスタマイズすることも可能です。

WMIを使用したリソース監視

WMIを使用したリソース監視(装置のスナップショット画面)

※OpManagerをLinux系OSにインストールする場合、WMI監視機能は利用できません。詳細は ナレッジベースをご参照ください。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら