Hyper-Vが遅い原因を簡単に監視して調査する方法

サーバー・ネットワーク統合管理ソフト

Hyper-Vのパフォーマンスの課題

Hyper-V(ハイパーブイ)とは、マイクロソフト社が提供する仮想化環境の構築機能です。Windows Server 2008から、サーバーの一機能として提供されています。

仮想化環境の構築では、柔軟な環境構築が可能です。しかし一方で、仮想ホスト(ハイパーバイザー)やゲストOS(仮想マシン)のリソース不足や、パフォーマンス悪化などの問題を引き起こしやすいと言えます。物理的にひとつのサーバーのリソースを複数の仮想化サーバーで分け合うのでしっかり管理できないとパフォーマンスの問題が発生しやすくなることは容易に想像がつきます。

仮想化環境のリソースやパフォーマンスに問題が生じた場合、サーバー管理者は、仮想ホストから複数のゲストOSにわたり、多数の項目を確認する必要があります。

いざ障害が発生した時に、問題のあるプロセスを素早く特定するためには、常にシステムの稼働状況を把握することが有効となります。しかし、Hyper-Vは気軽にサーバーを増やせる仮想化技術ゆえに、日々サーバーの数が変わります。それらを24時間365日、人力で監視するのは現実的ではありません。

Hyper-V監視を今すぐ簡単にはじめられるツール

そのため、多くの管理者が必要な監視をツールで自動化しています。ManageEngineが提供するOpManagerもそのひとつです。OpManagerには、Hyper-Vサーバーの稼働状況とパフォーマンス、リソースの状況を取得し、一目でわかるように可視化する機能があります。SNMPプロトコルやWMIを用いて、Hyper-V 仮想サーバーをエージェントレスで監視できます。

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

また、Hyper-Vサーバーの監視に特化したツールと異なり、VMwareなど他社の仮想ハイパーバイザーの環境や、物理環境、ネットワーク機器など、ネットワーク内のあらゆる機器を、一つのコンソールから監視できます。

OpManagerのHyper-V監視機能で以下の項目を簡単に実現できます。

Hyper-V ホストOSのスナップショット画面Hyper-V ホストOSのスナップショット画面

Hyper-Vホスト・仮想マシンを自動検出!監視項目も自動で設定

OpManagerには、特定の装置の監視設定あらかじめ定義して保存可能な装置テンプレート機能があります。OpManager で検出したHyper-V ホスト・ゲストOSには、装置テンプレートに従って自動で監視項目が設定されます。

Hyper-V の装置テンプレートHyper-V の装置テンプレート

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら

設定いらずでHyper-Vホスト・仮想マシンとそのリソースを可視化

仮想化インフラの保守においては、仮想マシンの無秩序状態を回避することが重要です。そのためには、仮想マシンの一覧や、各仮想マシンに割り当てられたリソースを随時監視する必要があります。OpManagerのアクティブインベントリ追跡では、これを自動で実現可能です。仮想マシンが仮想クラスター内で「ライブマイグレーション」を行っても、OpManager の監視画面上から把握できます。

OpManagerには、Hyper-VのホストOS・ゲストOSのCPU、メモリー、ディスク、インターフェースなど、50以上の監視項目があらかじめ用意されています。すべての監視項目にしきい値を設定し、指定したパフォーマンスレベルを超えた場合にはアラートを発生させることが可能です。

また、Hyper-V固有の監視に加えて、OS内で稼働するサービス監視、Windows サービス監視、URL監視、プロセス監視、ファイル監視/フォルダー監視、カスタムスクリプト監視を追加可能です。

追加した監視項目は、一目で状況を把握しやすい表やグラフにして、自動で監視画面上に表示します。

リソース情報のグラフ表示リソース情報のグラフ
しきい値設定画面しきい値設定画面

ダウンタイムやパフォーマンス低下時に即時通知・対応自動化

OpManagerの障害管理機能を活用し、Hyper-Vの障害発生時に、ポップアップやメール、音声でサーバー管理者にお知らせできます。さらに、スクリプトの組み込みや、ITワークフロー機能を利用した障害解消の自動化により、確実にダウンタイムを最小化できます。

ITワークフローの作成

ITワークフロー

Hyper-V環境のパフォーマンスを分析するレポートを自動作成

OpManagerでは、Hyper-Vサーバーのパフォーマンス分析に使用可能レポートを簡単に作成できます。レポートは、スケジュール化して自動で作成することや、PDF / xls 形式での出力が可能です。また、環境や状況に合わせたカスタマイズレポートを作成することも可能です。レポートの詳細は以下のページをご参照ください。

設定方法(動画)

無料で使えます[機能・監視数 無制限]

ダウンロードはこちら概要資料はこちら