ITサービスマネジメントツールとのAPI連携

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

API連携

APIでサービスデスクツールと社内システムを連携


ヘルプデスク業務では、ネットワーク障害の発生報告や期日通りにインシデントを管理する必要があります。技術担当者がこれらの情報を、ヘルプデスクにログインしてから手動で入力すると時間が掛かります。この場合、問題への取り組みが遅くなるだけでなく技術担当者に負荷も掛かります。

ServiceDesk PlusのAPI連携を利用すれば、インシデント登録を自動化でき、技術担当者はネットワーク障害をITヘルプデスクに手動で起票する必要はありません。これにより、障害発生時の対応遅延を避けられます。

API連携を活用する利点

API連携API連携(英語)
  • 作業報告の時間を短縮することができます。
  • インシデント発生直後に問題を報告でき、正確な優先度を適用することができます。
  • 技術担当者の負荷を軽減します。

ServiceDesk Plusでは、REST API および Servlet APIの2種類のAPIを提供します。これらのAPIを利用して、ServiceDesk Plus と 外部のネットワーク監視アプリケーションを連携し、外部アプリケーションからのアラートをリクエストとして受信することが可能です。

また、固有の認証キーを含むHTTPフォームを利用して、ServiceDesk PlusのWebクライアントを使用せずに外部アプリケーションからAPI経由でワークステーション情報の追加や、依頼者、技術担当者、サイトなどの情報を登録することができます。