問い合わせの自動割り当て・分類によるインシデント管理

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

業務ルール

フィルタ機能で受信メールを指定の基準で処理、起票

ServiceDesk Plusの業務ルールは、メールクライアントのフィルタ機能のように、受信メールを指定の基準にしたがって処理し、インシデントとして起票する機能です受信メールが業務ルールの条件を満たすと、ServiceDesk Plus上であらかじめ定義されている値を特定のフィールドに適用します。

ServiceDesk Plus 業務ルール設定画面【業務ルール設定画面】

技術担当者へのメール通知

業務ルールが実行されたときに、特定の技術担当者へ業務ルールの適用をメール通知します。

ServiceDesk Plus メール通知設定画面【メール通知設定画面】

ルールの優先順位

業務ルールに優先順位を付けられます。

ServiceDesk Plus 業務ルールの優先順位【業務ルールの優先順位】

連鎖ルール

通常、1つのリクエストに対して1つの業務ルールを適用できますが、受信メールが複数の業務ルールに一致する場合、連鎖ルール(カスケード)を有効にしておくことで、合致するすべての業務ルールの適用が可能になります。

ServiceDesk Plus カスケード設定画面【カスケード設定画面】