Eメールコマンド機能

ITIL準拠 ITサービスマネジメント

Eメールコマンド

Eメールコマンド機能で受信メール内容を解析、インシデントの管理項目に値を自動で設定

EメールコマンドEメールコマンド

ServiceDesk PlusのEメールコマンドは、メール本文の要素を解読し、リクエストのフィールド(サポートグループ、技術担当者、優先度、カテゴリー)に自動変換する機能です。複数の複雑な業務ルールを設定するのではなく、デリミタ(区切り文字)を利用してメール本文を作成することで、メールから直接、特定のフィールドに値を指定できます。

機能

  • 技術担当者は、Eメールコマンドを利用してリクエストの作成/更新/クローズ/ピックアップが可能です。
  • ServiceDesk Plusのデフォルトのフィールド(レベル、モード、優先度、緊急度、インパクト、カテゴリー、サブカテゴリー、アイテム、サポートグループ、技術担当者、依頼者、リクエストID、インシデントテンプレート、リクエストタイプ、サイト、資産)だけでなく、カスタマイズした追加フィールドにも値を指定できます。
  • 技術担当者の役割によって指定できるフィールドの範囲を限定できます。
  • デリミタ(区切り文字)に任意の文字を設定できます。

利点

  • メールから複数のフィールドの値を指定できるので、リクエストの追加/更新/クローズの際にもServiceDesk Plusにアクセスする必要がなくなるので、技術担当者の生産性を向上させます。
  • 監視ツールのアラート通知先にServiceDesk Plusのメールアドレスを設定し、アラートメールの本文に予めEメールコマンドを設定しておくことで、監視結果をリクエストに反映できます。
  • リクエストの複数のフィールドに値を指定したいとき、業務ルールで複雑なルールを設定する必要がありません。